寒い夏よ去れ!!
地球の温暖化が進んでいるらしいのは
まったくの嘘の様。
だって8月なのにモスクワは12度!!

さ~~むい。

しかし、明日からどうやら暖かくなってくるらしいです。

ふむ、体の調子が良くなってきたのはそのせいだな。
夏は暑いのが良い!!

日本に居ないからこんな事が言えます。

日本に居る方どうぞ、夏ばてをしませんよう。
モスクワの方はどうぞ、風邪をひきませんよう。

  岩田守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-08-09 05:44 | モスクワ生活 | Comments(0)

Virtual Lady 4
前にも書いた様にこのバレエには、
ボリショイのダンサーとペルミのダンサーが出演してくれた。

ボリショイのダンサー達は本物のクラシックバレエダンサー達だが、
ペルミのダンサーはクラシックをあまり踊った事の無い人が半分、
全然踊った事が無い人が半分出演した。

頭飾りを見せるだけのダンサーが必要だったので、
この様な形になったのだが、
それでも動く所が少しはある。

初めの振付の時
「右側の人達は右足から、左側の人達は左足から
グリッサードを8回やって真ん中に1列になって下さい。」
と言ってやった僕の足を見て、
目がまんまるになってびっくりしていたダンサーを見た時は
さすがに僕もひっくり返った。

しかし、ここで言いたい。
人の心を打つのは、
決して高度に磨かれた技術を見た時でも
素晴らしいスタイルを見た時でもない。
技術やスタイルは人を圧倒させたりびっくりさせたりするけれど、
心を打たない。
感動とは、
全力で純粋で真剣に取り組んだ時に得られるものだと思う。

ペルミのダンサー達との仕事は、
僕にとってそれを再確認できる様な素晴らしいものだった。
それほど一生懸命に取り組んでくれていた。

僕の始めての全2幕バレエは
この様な人達に囲まれて創る事ができた。

又一つ素晴らしい経験ができた。

    岩田守弘
c0151783_19482492.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2008-08-07 05:33 | 振付日記 | Comments(0)

ソルジェニーツィン死去
アレクサンドル・ソルジェニーツィンと言う人が亡くなった。

僕は無知で恥ずかしいのですが、彼の事を全然知らない。

沢山の本を書いたり、ノーベル賞を受賞したりしてロシアの国に
大きな影響を与えた人らしい。

ただ、お葬式に来た人からは
国と闘った事よりも彼自身が素晴らしい人だったと言う事を
皆が口をそろえて言っていた。

テレビで映された彼のインタビューでも政治の事よりも
人はどう生きるかとか、この前テレビで見た歌はひどいとか、
死の事とか、そんな話をゆっくりにそして自身を持って話していた。
とても人間味があり僕も興味深くてずっと見ていた。

色々な話があったが
彼が収容所に送られた時「生きる希望がある。」
と言って周りの人に笑われたと言っていた事が特に強く印象に残った。

沢山の人が彼を心から尊敬し、最後の別れをしにお葬式に来ていた。

ずっと周りに流されないで生きてきた凄い人だった。

今日のモスクワは一日中雨だった。
   
   岩田守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-08-06 03:31 | モスクワ生活 | Comments(2)

Virtual Lady 3
やはりこのバレエの一番の難関は頭飾り。

ペルミのダンサーは事前に着けて練習していたので、
どんな具合か分かっていたけれど(それでも偉い!!)

モスクワから行ったダンサーにはかなりのショックだったらしい。

はっきり言って踊る為の頭飾りではない。
しかし、あえてそれで躍らせた。

僕には、ダンサーがすっごく踊りにくい事はよく分かっているが、
皆、良く耐え上手に踊ってくれた。

視界が最悪で、重くて、バランスが取られる状況。

本来、バレエの衣装、頭飾り、照明などなど
踊りを見せるために作られるが、
今回の大きな目的はこの頭飾りを見せる事。

だから、これは頭飾りの為のバレエである。

しかし、踊りが全然ないと、やはりバレエとは言えないので、
なんとかこの状況の網の目を潜って創り上げた。

やはり大切なのは皆が信頼し合い、協力し合い、
助け合った時に良い物が出来上がる。

このバレエで一番の負担を背負ったのはダンサー達。
そして彼らには本当の友情を感じさせてもらった。

彼らのお陰で良いバレエが出来上がったと思っている。

皆は心の芸術家です。

感謝!!

   岩田守弘
c0151783_10302857.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2008-08-04 06:02 | 振付日記 | Comments(1)

Virtual Lady 2
依頼されてから、振付に取り掛かるまで大分時間が掛かったけれど、
それでも少しずつ進んでいった。

いろいろな事(本当にびっくりする様なハプニングも含め)
があったが何とか本番にたどり着いた。

今回とても良いと思った事は、
主催者の公演に向けての用意。
特に広告、宣伝。
まるで町中の催し物の様な騒ぎだった。
(ペルミの市の日で、市が援助していた事もある。)
テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどで取り上げられ、
町のあちらこちらにはポスターが張られていた。

お客さんは満員で、
後々の批評も良く書かれていた。

大変だった事はダンサーを集める事。

ボリショイのダンサーとペルミのダンサーを使っていたので
一緒に練習をしたのは何と1日!!!

ボリショイでは毎日舞台と振付でダンサーの来れる時間は夜遅く、
しかも、ばらばら。

結局僕が全てを把握し、やらなくてはいけない。(当然ですけどね。)
難しいのは僕の頭の中で考えた事と、
実際にダンサーが踊るのは必ずしも一致しない事。

こんな状況の中、本当に助かったのは
主役を踊った女の子の真剣さ、真面目さ。

名前はアナスタシヤ・スタシケービッチ。

何でこの子に依頼したのかは、
まず、頭がいい。覚えが抜群、
技術的にも優れている。
体力、忍耐力も凄い(6分以上のバリエーションがある。)
そして何より重要だったのはとても可愛らしく、愛らしい事。

実はここでは書けない様な問題があったにもかかわらず、
凄く真剣に取り組んでくれた。
そして、一言も不満を言わなかった。

やっぱり、取り組む姿勢ってすっごく大切ですね。
それは舞台でよ~く見えるから。

とにかくこのバレエは、
彼女の素晴らしい踊りによって盛り立てられたのでした。

      岩田守弘
c0151783_10145634.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2008-08-03 02:21 | 振付日記 | Comments(0)

日食
残念ながら、見逃してしまいました。
見るのが晩かったのか、もっと後にあったのか?
ほんの1分位らしいので、ちゃんと時間を知らないとダメですね。

太陽は直接見られないので、
「CDを透かして見れば良い」とテレビで言っていた。

CDをメガネの様にし空を見る僕。

通りすぎて行く人達が僕を見ている、、、、。

それとは別に昨日、一昨日と続けて虹を見た。
昨日のも綺麗だったけれど一昨日のはびっくりした。
まんまるな虹が2重になっていた。
かなり長い時間出ていて見事だった。

2回とも車を運転中だったので、危なかったな。

   岩田守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-08-01 19:25 | モスクワ生活 | Comments(2)

Virtual Lady 1
随分時間が経ってしまいましたが、
6月9日、10日にペルミで上演したVirtual Ladyの事。
僕の初めての全2幕バレエの振付作品。

話は長くなりますが、
まず、振付依頼の事から。

このバレエのアイデアは
ロシア人のデザイナーで今フランスに住んでいる女性の方のもの。

彼女はペルミの出身でその後イギリスに留学し、
有名な雑誌のコンクールで優勝した。

自分の半生をバレエにしたいと思い、
探し当てたプロデューサーの方が僕の良く知っている人だった。

彼女は頭飾りのデザインを主にしていて、
その作品を使ってバレエを創って欲しいと依頼して来た。

プロデューサーの方は変な人が電話をしてきたと思い断ったが、
凄い熱意でとにかく話だけでも聞いて欲しいと必死だったらしい。
話を聞いたらやっぱり変な人だと思い
断ったがどうしても食いついてくる。
とにかく自分の作品を見て欲しいと写真を送って来た。

頭飾りの一つ一つはとても手の込んでいる物ばかりで
全ての作品は鳥の羽で出来ている。
それも選りすぐった羽らしく、普通では手に入らないものもある。
わざわざタイから取り入れるなどなど、
作るのに3年も掛かったのもあるらしい。
値段は3000~5000ユーロ!
それが20個も30個もある。
しかし、それを見てプロデューサーの人は即座にダメ!と言ったらしい。
だって、それは踊れない程大きかったから。
でも、よく考えて、とりあえず僕に相談してみる事にした。

僕はたまたま、何かをやらなくてはいけないと思っていたのだが、
自信が無くて迷っていると、
周りの人が応援してくれたので、
やろうという気になり引き受けた。

良く考えたら僕が今まで振付をしたのは、
まず、音楽を見つけ、
その後イメージを作り、
振りの順番を考え、
そして、全体を形付けていく。
という風だったのだけど、
今回のは創るものがあって、
それに構成し振付をするという風な形。

普通ではない頭飾り、ストーリー、
などなど僕にとって、とても新鮮な事が多かった。

不安と希望が頭の中でぐるぐる回っていた。

次回へ。

   岩田守弘
c0151783_10594887.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2008-07-31 19:05 | 振付日記 | Comments(0)

肌寒い夏
この前までモスクワも30度を超す暑さが続いていたのに、
今は15度とちょっと肌寒い。
暑かった時は、近所の公園の池の周りに
大勢の人々が日光浴をしに集まっていたのに
今日はだ~~れも居ない。
禁止されているのを無視し楽しそうに泳ぐ人々の風景とは
正反対に鴨たちまでうずくまって寒そう。

でも、明日あたりから又暖かくなってくるそうです。
やっぱり夏は暑い方が良いな~。

8月1日に日食があるらしいです。
モスクワでは昼1時ぐらいに見られるそうですよ。
見れるかな?

  岩田守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-07-30 20:27 | モスクワ生活 | Comments(1)

妻の誕生日
28日は僕の妻の誕生日。
せっかくの誕生日だけれど、
彼女は娘達とウクライナに行っているので電話でおめでとう。
どうやら皆で楽しくやっているらしい。
結構、結構!!

それとは別に僕の後輩からメールがあり、
結婚式を挙げた報告があった。
彼はモスクワのバレエ学校で勉強し
その後何年間かモスクワのバレエ団で働き、
今はアメリカで踊っている。
彼女は、日本で僕のとても尊敬し大好きだったバレエの先生に教わり、
その後ボリショイで研修し
今は彼と一緒に働いている。
二人ともいつも謙虚な姿勢で一生懸命にバレエに取り組んでいた。
僕の後、モスクワに来てバレエを習った生徒は沢山いるけれど、
その中でもなぜか「僕の後輩」と胸を張って言いたくなる二人。
そんな二人の結婚式。
これからもずーっと仲良しで、
素敵な家庭を築いていって欲しい。

そしてもう一つ嬉しい報告が。
数少ないボリショイの外国人ダンサーの女の子が出産した。
色々苦労しながらもボリショイを心から愛している素敵な女の子。
母も子も健康で幸せになります様!!

嬉しい事がいっぱいだ。

人生素晴らしいですね。

   岩田守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-07-29 06:00 | モスクワ生活 | Comments(0)

やっぱり僕は偏平足か?
ジョギングも大分慣れてきた。
しかし、靴擦れが、、、。
土踏まずの所がどうしても擦れて痛い。
そうか、僕は偏平足か。
偏平足用のジョギングシューズを見つけよう。

夜は別荘に行こう。
もうすぐ大事なお客様を迎えるので掃除をしに行く。
掃除といっても大した事は無く、準備をするだけ。

別荘には不思議な事に埃が少ない。
何と半年間行かなかった時も全然埃が無かった。
やっぱり空気が良いのかな?
空気が綺麗だと、食欲が出る、眠くなる、お酒にあまり酔わない。
良い事ずくめである。

そこで、草刈をするともっと気持ちが良い。
あの草の匂いがたまらないな~~!!

今日は久しぶりに稽古をしよう。
別荘の稽古場で一人でする。
少し体を動かしたい気分。

稽古中に何か良い事が思いつくと良いな。

   岩田守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-07-27 22:10 | モスクワ生活 | Comments(0)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧