<   2018年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

日露ユーラシア国際バレエコンクールについて。
劇場に用事があり行ってみると、
なんとみんな休みで誰もいなかった。
そうか、五月一日のメーデーのあたりで休日が続いているから、
土曜日に仕事をして今日から連休にしたらしい。
ふふん、なるほど。
僕らのバレエ団は、16日に初演”海賊”を控えているので月曜日以外は休みなし。
なんてったってラストスパートですからね。
で、ふっと思ってのは、
「ああ、日本だってゴールデンウィークなんだ。」
って事。
そう思って気がついたのは、
「あっ、日露ユーラシア国際バレエコンクールが一年後なんだ。」
って事。



2108年は、日露友好の年とされ、それにちなんだイベントが日本、ロシア各地で行われます。

それをきっかけに更に両国の友好を願い、このコンクールが開催されます。




主催は、岩田守弘芸術財団、ナミューバレエコンクール、ブリヤート劇場。


場所 ロシア、ブリヤート共和国、ウラン・ウデ市、 
   ブリヤート国立アカデミー歌舞劇場。

日時は 2019年 4月28日 より 5月5日。

日本からの出場者は、ナミューバレエコンクール入賞者に限り出場権が与えられます。

他の国からの参加者は、基本的には全てオッケーなのですが、
ロシア、韓国、中国、モンゴルから主に集める予定です。


審査委員長は、ウラジミール・ワシリエフ氏

他の審査委員は、まだ決定ではありませんが、
このコンクールで優秀な成績を収めた人を入団させてくれる事のできる可能性のある、
ロシア各地のバレエ団芸術監督にお願いしたいと考えています。
それに、属してバレエ学校の留学も推薦できたらと思っていますが
主にはバレエ団が目的です。

さて、コンクールについてはまた、ちょくちょくと詳しく書いていくつもりです。

いつも、思うのは、コンクール最中って審査委員と参加者は会ってはいけないみたいな風潮がありますよね。
もちろん公平に審査をすることはもちろんですが、
実は僕は、気がついたことは、参加者みんなに教えてあげたいと思っていたのです。

このコンクールはみんなが上手になるためのコンクールにしたいと願っています。

だから、どうしたらいい点数になるのかをどんどん書いてみんなに教えます。


ってね、でも、実はただ単にバレエの重要なことは、全て同じこと。
コンクールでも普通の舞台でも変わりはないってこと。


あと、以前書いたコンクール最中の拍手についても同じです。

拍手は、全てオッケー!

もちろん、地元の人は応援が多いかもしれないし、他から来た人はそんなに多くないかもしれません。
でもね、上手だったらお客さんって素直に拍手してくれるし、
だいたい外国で踊ろうって人がそんな事でめげていたら
外国のバレエ団で働くことなんてできないでしょ。

これも以前書いた事ですが、審査員をファンにする事。
そしてもちろんお客さんもファンになってもらう事。

これ、ダンサーとして大変に大切な事なのです。






[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-30 13:49 | Comments(2)

ヤクーツクでの記録。ちょっと長すぎますが。
ヤクーツク。
ここの冬はマイナス50度を越す。ウラン・ウデを上回る寒さだそうだ。
ヤクーツクは、サハ共和国と言ってロシアの州としては1番広い面積を所有する。

フランス5個ぶんの面積とかいうとピンとくるのかもしれない。

いやピンとこないと思う。

バカでかすぎだ。


しかし、僕がいた3日間でその広さは感じられなかった。

それはそうだ、

だって僕は、劇場と劇場の隣にある(くっついている)バレエ学校と、
その隣にある(くっついている)バレエ学校の寮で暮らしていて、
そこしか行っていないのだから。

今回は、審査ばかりしていたので全然稽古できなかった。
これは少し残念な事なのである。

だって最近、痩せるために一生懸命頑張って稽古を続けていたのに、
ペルミのコンクールからこのヤクーツクの審査までほぼ毎日続けて、
”朝起きて、食べて、審査して、食べて、審査して、食べて、寝る!”を繰り返すのだ。

稽古不足!と言われたって僕のせいじゃないんだ〜〜〜!

デブと言われたって、僕が悪いんじゃないんだ〜〜〜〜!

僕のお腹の周りの柔らかい未確認物体は、
若者のため、バレエ界のために頑張ってやっている戦利品なのだ。

、、、。

さて、どうでも良いことはこのくらいにして本題に入る。
ヤクーツクというところは、未知の土地である。
とにかく寒いというのはもう書いたが、その環境のおかげでとんでもないものが存在する。

では、いくつか挙げてみよう。

その1。
マンモスの牙。
約100000000年前に生息していたマンモスが冷凍され、凄まじい年月がたち解凍され地上に出てきたらしい。
で、それがゴロゴロとあるらしい。
もちろん街にはないが、少し奥まった自然に入って行くと普通に転がっているらしい。

その象牙ならぬマンモス牙で、置き物などの彫刻が作られている。

で、ここの人たちはとてもお客さんに優しい。

だから、プレゼントしてくれちゃうの。
もらっっちゃったんだよ〜〜ん。
うしししし。
嬉ししし。

1億年前の物。

僕の想像では追いつかないほどの歴史がある。

1億年前の生命の力を感じる。



その2、ダイヤモンド。

ここサハ共和国にはダイヤモンドがた〜〜〜くさん埋まっている。

そのダイヤは世界一透き通っているそうだ。

博物館があり、190カラットのダイヤの原石なども展示されている。
セキュリティーもがっちりしていて、カバンはもちろん携帯電話も持ち入り禁止。
入り口のロッカーに預けるシステムになっている。
写真も撮っちゃいけないんですね。

見学は必ず、案内人同行。いろいろ説明してくれるので面白い。
しかも制限時間が決まっていて、時間になるとそこの電気が消え、次に行かせるようになっている。

博物館ではダイヤのみならず金や銀、プラチナや宝石類も展示されている。
なぜなら、これらの全てがここで取れるからだそうだ。

で、ここの人たちはとてもお客さんに優しい。
だから、プレゼントしてくれちゃうの。
もらっっっっっちゃった。
ダイヤちゃん。
うししし子。
嬉しししし。
もちろんちっちゃいやつですけどね。

ダイヤのカットは、ここのオリジナルだそうで、光の反射率がとてつもなく高いらしい。
でも、僕にははっきり言ってピカピカのガラスとの区別がつかない。
まあ、ダイヤモンドと言っているからそうなんだろうと思って見ているとやはり美しいな〜と思うのです。



さて、そんな事は、このぐらいにして本題に移ろう。

ヤクーツクのバレエについて。

ヤクーツクのバレエの歴史は比較的浅い。

バレエ学校は、20何年か前に開設されたばかり。

だから、今先生をしているのはここのバレエ団の第1期卒業生達。
もちろんもう少し年齢が上の先生もいる。
その先生方は、ペテルブルクとかノボシビルスクとかで勉強して帰ってきている。

バレエのことから少し話が離れちゃいますが、
今回の僕のスケジュール。
まず、夜中1時20分に飛行機で到着。
寮に着いたのは3時くらいだった。

朝9時からクラシックの卒業テストなので
7時30分に起こしてもらう。

ペルミからモスクワに行き、一日乗り継ぎでウラン・ウデに到着。
その夜出発し夜中に到着なので、
今回の僕の最大の辛かった事は時差であった。

朝7時というとモスクワ時間で夜中の2時である。ペルミだと4時だ。ウラン・ウデだと6時。
どこを基準にしているのかが分からないが、とにかくめちゃくちゃ眠いことだけは確実であった。

で、眠い目をこすりながらクラシックの審査、
始めに男子、次に女子。

なかなか良い生徒もいて、頼もしい。

審査中は、なぜか目が冴えていたので、
しっかりと点数をつけ無事終了。

その後、食事をして、劇場に移動。
審査が終わると、目が勝手にくっついてきた。

人間何日間か寝ないと死ぬんだろうな〜なんて考えが頭によぎる。

さて、バレエ団の団員の資格審査は、2日間に渡って行われた。
1日目は、クラスレッスン、こちらも始めに男性、次に女性。
びっくりしたのが、ここのレベルが僕の予期していなかったぐらい高かった事。
基礎がかなりしっかりして、何人かは相当上手いと思えた。
女性もスタイルが揃っていてみんな真面目に頑張っている。
僕は、絶賛してこの日は終了した。

夜、寮に帰ってきたら、自分が生きているのか死んでいるのか分からない気がした。
久しぶりに、何にも分からないうちに寝入っていた。

さて、2日目。

ドンドンドン!

とドアがノックされ目が覚めた。

寝たのか寝てなかったのか分からない感覚のまま、
着替えて審査へ。

2日目は、バレエ学校は、デュエット。
劇場は、パドゥドゥ、バリエーションの審査。

バレエ学校の方は、無事に終了したが、
バレエ団の方は、いまいちだった。

というのは、前日のクラスレッスンでとても良いと思っていたから、期待していた事もあったのだと思う。

残念ながら、踊りとしたら上手いということはできない出来であった。

ここで、再び本当に踊りって難しいな〜と思ったのでした。

バレエ団の審査はこれで終了。


さて、3日目。

バレエ学校の卒業試験最終日。
キャラクターダンスの審査。

僕は、もともとキャラクターダンスが大好き。

で、この試験を思ったんですが。

キャラクターダンスの練習をしていないと、クラシックバレエの踊りの深みは絶対に出ないという事。
足のステップなど技術的な事はもちろんですが、民族性、ポールデブラなど踊りに直接関係しているものは、
これを練習しないと、真似事の息で終わってしまう可能性が大きいのです。
日本では、なかなかキャラクターダンスを練習する機会がないので残念ですね。


三日間の審査を終え、僕はウラン・ウデへ。

ヤクーツクから、ウラン・ウデの直通がこの日には残念ながらなかったのでイルクーツク経由で帰ることになりました。

ヤクーツクを夜6時55分発。イルクーツクには3時間の飛行。時差を数えて8時55分到着。のはずが飛行機が遅れて10時くらいに到着。
で次の飛行機は朝5時40分発。
イルクーツクからウラン・ウデはとても近いのですが、空港が霧に包まれここでも到着時間が遅れ到着。


どったばったの3日間でしたが
ヤクーツクの素晴らしい方々のおかげで無事終了。


さて、これからば気を引き締めて、初演”海賊”の練習へ。

素晴らしいバレエを上演するため、鬼となって頑張ります!
c0151783_22471861.jpg
c0151783_22474511.jpg
c0151783_22482787.jpg
c0151783_22490131.jpg
c0151783_22500101.jpg
c0151783_22510639.jpg
c0151783_22590364.jpg



[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-28 22:44 | Comments(2)

ヤクーツクバレエ
ここでは、ヤクーツクのバレエ学校の寮に
宿泊させていただく。
ただいま夜中の3時。
町は静まり返っている。

もちろん寮もみんな寝ているようだ。

僕が泊めて頂いている部屋は、以前バレエの神と言われるグリゴロービッチが泊まられたそうだ。

だからってどういうこともないかもしれないが、僕にとっては大事なろだ。

あの人がここで寝泊まりしていたと思うと、
心が高まる。


さて、今回、ヤクーツクに読んで頂いた理由は、ここのバレエ学校の卒業試験とここのバレエ団の資格試験を審査する為である。

ここのバレエは、比較的新しいのだが最近はとても頑張っている。
なんせグリゴロービッチの作品を上演しているくらいだから大したもんである。

さて、明日は楽しみだ。

また、みんな緊張しているんだろうな〜。

幸運を祈ります。

[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-25 02:58 | Comments(2)

ヤクーツク到着
マイナス7ど
[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-25 01:28 | Comments(0)

ヤクーツクへ
これからヤクーツクという所に行ってきます。
ウラン・ウデから夜9時35分に飛行機に乗ってヤクーツクに夜中の1時20分に着きます。
ヤクーツクは、冬マイナス50度を越えら寒さになるところでダイヤモンドがある事で有名な町です。飛行機の待合室にはヤクーツクの方と思われる方々が大勢います。
こんな事を言ってはいけないと思うのですが、
雰囲気が恐ろしい程の田舎を感じます。
ウラン・ウデも今のところのんびりした田舎の雰囲気があるのですが、なんかそれどころではない感じです。喋るときは皆さん大声で喋ります。知り合いではないはずの待合室なのですが、みんな家族的なリラックス。
行列で並んでいると、僕の前の人間半分くらいの間隔にサササッと入って来るやいなや、後ろの僕に振り向き「前へどうぞ」と進めてくれたりもします。
一体どんな町なのか興味深々です。
さて、それでは飛行機に乗って参ります。

[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-24 21:52 | Comments(1)

初体験
少し苦い思いの初体験。

今までに飛行機に乗り遅れた事はあったのだが、乗り継ぎで遅れたのは初めての経験であった。

昨日、ペルミから飛行機に乗り、モスクワで乗り継いで、ウラン・ウデへは今日の朝についている予定であった。
でその後すぐに舞台があったはずなのだが、現実には今僕はモスクワ。
事の始まりは、ペルミからの飛行機の出発が遅れた事。
遅れ自体はそんなに大きくはなかった。
でも、元々の乗り継ぎ時間が少なかったから、45分の遅れは大きい。
でも、荷物もウラン・ウデへまで送ったはずだから、僕らも大丈夫なはずだ。ろうと思っていた。
大急ぎで、乗り継ぎの検査を通りゲートに直行!
すると、ゲートで係りの人が、「こっち!」と言って僕たち夫婦を横によけさせた。
電話でどうやら責任者と連絡を取っているらしい。

時間的には、乗り継ぎに間に合ったのだったから安心していたら、
係りの女性が横暴な口調で「荷物、食事抜きで乗る事に同意すると切符に書いたら乗らせます。」と言う。

「ん?」

僕たちは、一体なんのことなのか把握できない。

おいおい!なんなんだその口の聞き方は!
と僕は心の中で思ったが心のない方には無意味と思い我慢する。

口の聞き方も問題だが、内容自体に納得がいかない。

まあ、荷物は間に合わないって事は、日本では考えられないが、
ここではあり得るから、想定内だ。

でもね、なんで食事抜きなの?

前の飛行機が遅れたこととなんの関係があるの?

その理論がわからない。

で、「一体わけがわからない。」と僕らが言うと。

「責任者のところに行って、自分で説明して下さい。」と係りの人が上から視線でいう。
僕は、通常こういう口の聞き方にブチ切れるのだが、
妻がすでに鬼のようになっているので、そっちを慰める為なんとかこらえていた。


さて、この責任者のとこっていうのが、とてつもなく遠いところにある。
なんと荷物検査を通る前の空港入り口付近に存在するのである。
そこに行くと言う事は、絶対に間に合わないという意味を持つ。
要するに、この係りの女性は、僕らに不可能を鼻の前に突きつけている事になる。

そして「あと1分です」
と平然と言う。

このあたりで、さすがに僕も言わないといけないと思い、
「なんで食事がないの?そして書かざるを得ないように言うその口の聞き方はどういう事?」
と口調を強くした。

「私は普通に喋っています!あと30秒です。」

「あのね、自分で何言ってんのか分かってんの?」
僕が声を高めると

「しょうがない、書こう。」と妻が署名をする事にした。

署名が終わったところで、係りの女性は
「あなたたちは、遅れました。飛行機にはもう乗せる事はできません。」
と冷たい口調で言う。

飛行機まで乗客を乗せるバスは、入り口で止まっているのだ。




一体、なんなんだろう?
僕らが悪い事をしたのだろうか?
なんでこの女性はこのような態度でこのような対処をしたのであろうか?

全てに納得がいかず、怒鳴ることもできず、行き場のない怒りとともに
僕ら夫婦は、飛行機会社の窓口に行き、明日の飛行機の乗る手続きをした。

僕は、次の日の舞台を諦めなければならない。
待っているお客様に申し訳ない気持ちもいっぱいだ。
妻は、バレエ学校の子供達の教えがあり、代わりの先生を見つけお願いしなければならない。

世の中、仕方のないことがあるのはよく分かっているつもり。
天候のせいで遅れてしまったのなら諦めがつく。

しかし、僕らは搭乗時刻に間に合っていたのだ。

飛行機会社のシステムがしっかりしていて、係りの人の怠慢な応対がなければ
なんとかできていたはず。
と思えてならない。

うーん、、

これも人生の修行の一つなのであろうか?

[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-23 16:45 | Comments(2)

さらば!
朝窓の外を見ると一面の銀世界。
一夜にして街が雪に覆われた。
最終日という事で僕もレッスンに参加させてもらった。
がんばったよ。

しかし、今回はブツブツといろんな事を書いたな〜。

みんなの熱い想いの中にいて、僕もいろんな事を感じたんだろう。

さて、これで、ペルミともまた、お別れだ。

飛行機に乗ってモスクワ経由でウラン・ウデへ。
明日ウラン・ウデに着いたら、夜は本番。
若者に負けないよう頑張って踊ろう!

そういえば、今日はレーニンの誕生日だそうです。

c0151783_23022010.jpg
c0151783_23025802.jpg
c0151783_23033482.jpg
c0151783_23043650.jpg
c0151783_23052475.jpg
c0151783_23060787.jpg
c0151783_23155983.jpg
c0151783_23065126.jpg
c0151783_23093648.jpg
c0151783_23153350.jpg
c0151783_23172062.jpg
c0151783_23164219.jpg


[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-22 20:22 | Comments(3)

コンクール番外編の番外編
若者に言う。
若い時は、遠慮なんてするな!
遠慮しているやつはダメだ!
本当の意味での礼儀、情熱、尊敬、感謝の気持ちを持っていれば良い。
遠慮してたら、大切な時間が無駄に過ぎていくよ。
若気の至りって、若者だけの特権なんだ。
もっともっと、挑戦してもっともっと自分の欲している事に素直になるんだ。
間違えても良いんだよ。
失敗は、反省して、そして2度と繰り返さないように努力すれば良い。
でも、行動しなかった事は、ずっと長い事心に残ってしまう。

とにかく、遠慮なんてするな。

遠慮している暇があったら、その100倍努力すれば良いんだ。


[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-22 05:11 | Comments(1)

コンクール勝手に好きな事箇条書き最終回。
箇条書きって、とっても気楽ですね。
要するに僕の頭の中は、いろんな事を考えて、いろんな事を思っているようですが、
全く整理されていない事がはっきりしました。
自覚完了!
開き直り終了!

すみません、クラシックバレエの事も創作の事もぐっちゃ混ぜなので、何について書いてあるのか、
皆さん、どうかご自分でお考え下さい。


では、、、。


踊りは、体全体が表現しないと人には伝わらない。

個性がないと良くない。弱点も自分の個性。自分の特徴があるのはいい。何百曲の中で、覚えてもらっていないとダメ。

なぜかよく見える時と、悪く見える時がある。(上手に踊れている時でもよく見えない時とか、失敗してしまったのによく見えちゃう時とか説明できないが実際にある。)

今の国際コンクールでの創作は、クラシックバレエの人に頼まないほうが良いのかも、、。
また、創作作品をクラシックバレエの延長線上に考えないほうが良い。
(でも、僕は、はっきり言って納得いかないんですが、、)

踊りを見ていると、なんであそこでもっと頑張れないんだろうとか、私の方がもっと上手いとか、思っているかもしれないけれど、いざ自分が同じ舞台に上がったらそんなに簡単にできるものではない。

技自体失敗しているのに最後までやり遂げるダンサーがいる。えらい!
失敗してから出るのが本当の実力。実力に予備があるとそれができる。要するに余裕がないとダメ。

コンクールって精神面を鍛えるとても良い環境。

みんな精神的にボロボロになっているんだろうって想像できる。

見てるだけなんだけど、審査委員もボロボロになっているんだろう。

審査中、昼なんだか夜なんだか分からなくなる事がある。
「あれ?さっきこの子踊ったじゃん」って思う事もある。
「ん?ここはどこだ?」って思う事もある。

ダンサーに、コンクールで緊張するなって言っても無理だ。

コンクールって、人生の勝ち残り戦を短時間で見る事ができる。

ダンサーも審査委員もお客様もみんな戦友だ。

終わり。



番外編。

ペルミの先生が言っていた。
「ビデオで踊りを覚えては絶対いけない。」

実力実力って言うけれど、絶対に実力だけではダメ。
運も大切だけど、それ以上に人に好かれないとダメ。

パートナーで出ていた、多久田さやかちゃん(クラスノヤルスクで踊っている)の踊りに感動した。
役の事から、技術の事から全て素晴らしかった。
見ていて涙が出そうであった。
頑張り続けていると、踊りの神が宿る時があるのを感じた。
パートナーは明石家さんまに似ていた。


[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-21 21:10 | Comments(1)

目的
気を抜くと、僕はすぐに甘くなる。
ニコニコしちゃう癖がある。
これからは、「鬼の岩田」と言われるよう努力をする。

あ、

あと、書かないとすぐ忘れる。

だから、コンクール中に思った事を記録用に全部書く。

で、あってることも間違っていることも皆さんと分かち合う。

いいでしょうか?


それでは、


アチテュードが、犬のおしっこをするポーズみたいな人がいた、

お辞儀の時に「ありがとう」ではなく「ごめんなさい」みたいな人がいた。

ダンサー半分先生半分

弱肉強食

村娘のジゼルの衣装がキラキラ宝石がいっぱいついているみたいのがあった。

今起こっている事は、後ですべて自分の為になる。(もっとも、なるかならないかは自分次第)

コンクールっていつもこの期間中にいろんな事が起こる。その中から進み続ける人が賞に入る。運も実力も全て必要。

パートナー選びもとても重要。


こんだけ。

終わり。

[PR]
by ibashika201107 | 2018-04-20 21:04 | Comments(3)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧