2008年 06月 28日 ( 2 )

ウランーウデ日記2
c0151783_343930.jpg
審査委員を迎えるセレモニーの始まりです。
入り口の門に聖火が焚かれそこを通り先に進んで行くと、
様々な民族の人達が次々に踊りだし歓迎してくれる。
ここは多民族地域で皆が仲良く共存しているのです。
僕は寝ぼけたまま皆の心のこもった踊りを楽しく見ていると、
最後には僕ら審査委員も手を引かれ一緒に踊ったのでした。

踊りの歓迎が終わり、建物の中に通されると、
ウランーウデ唯一のジャズバンドが演奏し始める。

演奏を聴くいた次は、図書館を見学する。
コンピューターがいっぱいあってとても立派な施設です。

階段を上がると今度は民族音楽の演奏が始まった。

そこを通り抜けディレクターの部屋に入ると
審査委員一同に綺麗な人形やコップなど素敵なプレゼントが渡される。

その後、ギリシャの部屋という所に通され朝食。

朝食を終えるとセミナー開始。
審査委員として来たインドネシヤとスリランカの先生達が
それぞれの舞踊を教える。
手の使い方、目の使い方、足の位置、音のとり方などなど、
僕も興味津々に見させてもらった。
生徒達も面白そうに一生懸命に習っていた。

その後ホテルに行き休憩。
なにがなんだか分からないうちに眠っていた。

「時間ですよ~。」とたたき起こされ、昼食。
その後コンサートを見に行く。

このコンサートは、大変に良かった。
バイカルという名前の民族舞踊団が
この土地の伝説を踊りにしたものだった。
前回書いたように魂とか、エネルギーとかの言葉を良く使う人達らしく、
心のこもった舞台で、僕自身こんなに感動したのは久しぶり。
踊りってやっぱりこういうものなんだと再確認。

コンサートの後、ドルジョ・ワシリーエビッチが奥さんと友達を連れ
僕に夜のウランーウデを案内してくれた。
友達は130キロの巨漢のウランーウデの歌手。
この人の話が凄く面白くて時間はあっという間に経っていった。

常に起きているのか寝ているのか分からない感じなので、
まるで夢を見ているような1日だった。

次回へ。
[PR]
by ibashika201107 | 2008-06-28 19:15 | バレエ日記 | Comments(0)

ウランーウデ日記1
6月22日夜10時モスクワ発の飛行機でブリャチヤの首都ウランーウデへ。
5時間30分飛んで、5時間の時差ということで、朝8時30分に着陸。
空港には以前行ったチタで知り合ったドルジョ・ワシリーエビッチが迎えに来てくれていた。
着いたと同時に大忙し。
預けたスーツケースを待っている時間が無いので
受け取りは運転手さんにお願いし、僕達はタクシーで行く事にした。
9時からセレモニーが始まるらしい。
タクシーの運転手さんにチップを多めに渡し超特急でお願いする。
「この時間は渋滞があるから。」と運転手さんも不安がっていた。
ドルジョ・ワシリーエビッチが車の中でウランーウデの事などを親切に話してくれる。
面白い話を聞きながら走っていると前方から来る牛の大群に会った。
これは、幸運の印と地元の人は言っている。

チタに行った時も感じたのだけれど、この辺の人たちは幸運とか、神様とか、
魂とか、エネルギーとかの表現を凄く沢山する。

その代表的なものが、聖なるバイカル湖である。
モンゴルから流れてくる川などなど大小333の川から流れ込む水は、
世界の補助飲料水の4分の1にもなるのだそうです。
しかしこの超大型湖から流れる川はただ1つ、アンガラ川。

面白い話は、まだまだ続く。

「ウランーウデには世界一大きなレーニンの頭があるんだ。」
「はははっ」
ドルジョ・ワシリーエビッチが冗談を言ったと思い、
僕は思わず笑った。
「はははっ」
ドルジョ・ワシリーエビッチも一緒になって笑っていたが、
しばらく行くと本当に世界一大きなレーニンの頭が見えた。
台の上の高さ13メートルのレーニンの頭は冗談にならない位大きかった。

レーニンの頭の斜め前には、いま工事中のオペラ劇場がある。
これは戦後日本人捕虜の人たちが建築したのだそうで、
ウランーウデの人たちの誇りにもなっている。
凄く誇らしそうに話してくれるので僕もとっても嬉しかった。

そういえばチタには日本人捕虜のお墓が大切に地元の人たちに守られているそうです。
ブリャチヤは日本人を尊敬し大切にしてくれているのを凄く感じます。

そうしているうちに僕達は目的地に到着。
時間ぎりぎりに間に合ったのでドルジョ・ワシリーエビッチは
「この時間に渋滞に会わないなんて運が良い。」と大喜び。

いったい何があるのか見当もつかないまま車から降りると
そこには民族衣装を着た人達が大勢待っていた。

次回へ。
[PR]
by ibashika201107 | 2008-06-28 06:51 | バレエ日記 | Comments(0)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧