2009年日本・夏
日本から帰ってきて、大分時間が経ってしまったのですが書かせていただきます。
まず、出発したモスクワから。
今回は僕にしたらちょっと贅沢な飛行機、
JALだ!
日本の方にはこの様なサービスが普通に感じられるのでしょうが、
僕には感動です。
だって飛行機に乗る前から皆優しいんだもん。
ロシア人の従業員達までちゃんと挨拶するんだもん。
飛ぶ前からワクワク、日本気分。
飛行機の中も快適。
特に嬉しいのは映画が見れる事ですね。
結局一睡もせず、ず~~っと映画を見ていました。
日本に着いても入国審査はあっという間に通れちゃうし、
スーツケースもすぐ出てくるし、
「あ~~あ、なんて良い国なんだ。」
とまたまた感動。

ゲートを出ると、両親との久しぶりの再会。
二人とも元気そう。
やっぱり嬉しいや。

その日は家でのんびりしていたのかな?
それともどっかに連れて行ってもらったのかな?

忘れちゃった。

次の日は朝から逗子に行った。
知り合いの方がお誘いしてくれてヨットに乗ったりイルカと遊んだり。
沢山お偉い方が来ていて、お話しをさせていただいたのも楽しかった。
皆さん仕事は全然違うジャンルだけれど、
おっしゃる事は共通している。

印象に残ったのは
「自分を偉そうにしてもだめだし、またその逆でもだめですね。
大切なのは皆と同じ目線で話をする事。
そうしないと周りが見えなくなってしまいます。」
この方は本当に偉い人なんです。
僕じゃちょっとお会いできないような方。

他には、
僕の、偉くなるとはどういうことですか?
と言う質問に
「優しくなる事。」
と答えてくれた方もいました。
「優しくない人はだめだ。ある一時良くてもすぐにだめになる。」

その方も本当に優しい人でした。

感動、感動。
こういう人達の下で働けたら良いでしょうね。
そしてこういう人達をお集めになった
僕の知人(友達と言うにはおそれおおい)の人格の素晴らしさにびっくり。

嗚呼、一日目からこんなに良い事があって良いのだろうか?

しかし、遊びはここまで。
僕には9日に大切な舞台が控えているのです。
これですら遊びすぎ。
だってスペインで遊んできて真っ黒に日焼けして、
日本でヨットに乗ったら、鼻の頭が赤くなっちゃっていたんだもん。
自覚なさすぎ、責任なさすぎ。

後でお母さんに叱られた。
「あんた、フィリピン人みたいだよ!これ塗りなさい。」
手には美白クリームが。

9日は新国立劇場の中劇場で久しぶりに姉との共演。
「本当に久しぶりだね。
あ、そうでもないか、この前踊ったんだ。」と僕。

「え、でも結構経つんじゃない?」と姉。

「つい最近だよ。名古屋で踊ったじゃん。」僕

「あそっか。」姉

「えーっと、1999年だ。」僕

「ん?あれ、うわ~!10年前だ!!」一緒。

この日も夜にリハーサル。
舞台は4日後に迫っていたので焦っていたけど、
10年たっても意気がぴったりだ。

う~ん、お姉ちゃん、さすが!

6日、朝から新国立劇場のリハーサル室に稽古をしに行った。

「おやおや、知らない人ばっかりだ。」
そりゃそうだな。
自分の年を忘れちゃいけない。
周りは若いダンサーばっかり。

それでも何人か友達がいた。
「覚えていますか?」
だって。
覚えているに決まっているでしょ!
嬉しい再会です。

リハーサルを終え帰ろうとしたら、
もう一人懐かしい友が。
僕が日本にいた時に”悪ガキ3人組”と呼ばれ
仲良くしていた友達の一人小嶋直也君だった。
強烈に懐かしい。
(もう一人は今探している久保紘一君)


皆同年代で熱狂的にバレエを愛していた友達。
それぞれ国際コンクールで上位に入るまでになり、
大体同じ時期に海外に出て行った。
うわさでは彼らの事を良く聞く。
僕が日本を離れて19年。
分かれていても彼らとの友情は強く感じる。
僕らはダンサーとしてはベテランとなった今、
「また、一緒に舞台をやりたいね。」と話す。
実現するかな?
熱い気持ちで、劇場を出た。

熱い気持ちも冷めない夜、
さらに熱い再会。
大親友の佐藤さんだ。
佐藤さんとはお知り合いになって何年も経つけれど、
昔っからず~っと仲良くしてくれている。
優しくしてくれ、応援してくれ、忙しい時間を割いてお会いしてくれ、
上手い物をいっぱい食べさせてくれ(スッゴイ美味しい物をとっても良く知っている。)、
「ご馳走にばっかりなって申し訳ないと思っています。
いつかは僕もお金持ちになって恩返しをさせていただけるようがんばります。」
為になる事を教えてくれ、僕の事をとっても理解してくれる人。
もちろん自分の事をしっかりやっていて、人にも信頼されている偉い方。
さとなお.com
というサイトを書いている人。
本もいっぱい出している人。
などなど、もっと書きたいけどこの位でストップ。

日本には熱い友達がいっぱいいる。
まだ、2日しか経っていない日本の夏。
あ~~あ、時間がもったいない。

次回へ続く。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-09-07 18:54 | モスクワ生活 | Comments(7)
Commented by ひろこ at 2009-09-07 21:55 x
わーい!日本の話題が、こんなにも長く・・しかも次回へ続く!!日本では御両親とお姉さまや知人、友人のみなさまと本当に良い時間を過ごされたのですねー。「偉そうにしてはだめ、その逆もだめ」、「偉くなることは優しくなること」という言葉、実践できたらすばらしいですね。次回も待ってまーす!!
Commented by 真理子 at 2009-09-07 23:36 x
岩田さんの日本日記も楽し〜。うれしいな。逗子でイルカと??いいないいな。イルカと一緒の海に入ってみたい。岩田さん、今も美白中でしょうか(^-^)
昨晩、また岩田さんのDVDを鑑賞しました。「嘘をつかない」の言葉にまた改めてはっとしました。
Commented by くらのす at 2009-09-08 00:07 x
  話題と関係なくて申し訳ありませんが・・ずっとパソコンと縁の無い所にいたので、やっと岩田さんのブログにお邪魔させていただいて、嬉しくてたまらなくて!! ブログを通して勉強させて頂き、感動したり、笑わさせて頂いたり、幸せな時間をいつも有難うございます♪♪♪ 次回号も楽しみにしています!! そして、1日でも早く、久保紘一さんとご連絡がつきます様に願っています・・・。 
Commented by ゆきこ at 2009-09-08 00:24 x
自分のしてきたことが、本当にそれでよかったのか
わからなくなり、グラグラしてきたとき。
ここにある、岩田さんのイキのいい!元気な言葉の
数々を繰り返し読むと、背筋が伸びます。
ほんと、言葉は言霊。
魂の入った岩田さんの踊りとおんなじくらい
岩田さんの言葉が大好きです!
メモ帳に「岩田さん語録」で貼り付けてあります。

JAL!やっぱ、いいですよね~~。ANAも負けていませんが。
そう!飛行機に乗った瞬間から、心地いいのですよねぇ。
長時間のフライトなのに、必ずお手洗いがきれい!清潔!!
他のエアラインに乗って、改めてJALやANAのすばらしさを
感じました。

Commented by 啄林 at 2009-09-08 01:05 x
そのJALが危ない!

って此処に書くようなことじゃないですけど、
サービスに喜んでくれるよりも安価な移動の手段として求める人が多いのでしょう。

でも、その素晴らしいサービスが会社の利益に結びつかないのは行政に振り回されてきた悲しい日本の情緒的風土なのかな?

岩田さんの周りに集う人々が素晴らしいのではなく、
岩田さんの魅力に引き寄せられるのでしょう。

10年の時を少し前と思うぐらい充実した時間だったのでしょう。
・・・やっぱり時間をやりくりして見たかった(-_-;)

続きの日記を楽しみにしてラロリー!
Commented by satominn at 2009-09-08 03:17 x
「偉くなるとは、優しくなること。 優しくない人はだめだ。」
私も本当にそう思います。 
そして、日本へ帰る時のJAL便。 私も毎回楽しみです♪ 乗ったら、とりあえず、映画や音楽のプログラムを確認し、10時間の飛行時間のスケジュールをたてたりします!! 落語なんかもいいですね(^-^)
Commented by Fado at 2009-09-08 12:34 x
乗務員の接客が良いと、その旅がより楽しいものになりますよね。
JAL に乗ったとたん、そこはもう岩田さんにとって懐かしい日本なのでしょう。
いつだか、ご両親さまがロシアに行かれた時 JAL だったと喜んでおられましたね。 その他の飛行機とそんなに違うのですか?モスクワに行ったことがないので解りません。サービスは日本が一番なのでしょう。

ご両親様との再会、お姉さまとの共演、旧友たちとの再会、逗子のクルーズ、そのお仲間との会話、親友佐藤氏との熱い再会、本当に幸せな時間を過ごされました。
私まで嬉しくなってしまいます。よかった。よかった。

モスクワも寒暖の差がかなりのようですね。
体調に気を付けて下さい。
鶴見、暑いですよ。
<< 夏パート2 筋肉痛あり。 >>


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧