いやだ。
申し訳ありません。
今日は愚痴を書かせていただきます。

ボリショイの稽古はピアノで行われていますが、
一人、とーーーーーーーってもいやなピアニストがいます。
人間的には良い人なのですが、
弾く曲がいやなのです。
その方はジャズを弾かれるのです。

ジャズも良いのですが、
ジャズにはジャズの踊り方があるだろうし、
クラシックにはクラシックの踊り方があります。

クラシックのレッスンの時に
アクセントをメチャクチャにして弾かれると危険な時さえもあります。
(今日も足を捻りそうになった。)
大きなジャンプの時にへろっと弾いたり
突然音が消えたり、
早くなったり、遅くなったり。
変幻自在。

弾いている人は気分最高。
僕らは最悪。

クラシックの中だけでも小さい動きは小さな音。
大きい動きは大きな音。
やわらかい音でやわらかく踊るし、
すばやい音ではすばやく踊ります。
ジャズを弾いたらやはりその音と一緒に踊らなければなりませんが
僕らはクラシックの稽古をしているので
どうする事も出来ません。
ガンジガラメ。
ハッポウフサガリ。

言った方が良いのか、
我慢し続けているとその内、何か新しい発見があるのか?

皆さんはどう思いますか?
[PR]
by ibashika201107 | 2009-06-30 19:41 | バレエ日記 | Comments(11)
Commented by sveta at 2009-06-30 20:37 x
私ならその人が嫌いにならないように挨拶毎朝するかなあ…そして軽く雑談をつとめて。
演奏が嫌い!がその人自身への嫌いにならないように…
彼には彼の歌がある。
Commented by 真理子 at 2009-06-30 21:10 x
話し合いは必要かも。彼は彼なりにこういう音楽もバレエには必要と思っているかも知れないですもんね。人間的に良い人であるならば、絶対に話は通じるはず!誠意があればそれは必ず伝わると思うんです。ネットが流通したはじめの頃はメールなどは文字間に心がこもっていないからやっぱり直筆には敵わないってよく言われていました。でも、最近思うんです。本当に真摯な言葉であれば、デジタルであっても通じるものだと。ごめんなさい、問題がずれてしまいました。心があれば、必ず通じる。そう信じています。これは岩田さんに教えていただいたことの一つでもあります。
Commented by ゆん at 2009-06-30 21:25 x
先生たちは、どう思われているのでしょうか?
もちろん、ご存知なんですよね?
何も言われないのですか??   

その点が不思議だな~と思いました。
Commented by コーリャ at 2009-06-30 22:45 x
バレエは音楽をかたちで表現するものだと思うんで
クラシックのレッスンをその人の気分でジャズにするのはどうかと思いますね。
クラシックは規則正しく音符が並んでいますがジャズは演奏者の気分が
優先されます。
演奏者の気分にふりまわされてレッスンが進められたら思わぬ怪我や事故にもつながりかねません。
クラスのみんなで話し合いをして代表者に話をしていただいたほうが
いいと思いますが。
レッスンは音楽ひとつでのりが違ってきますよね。せっかくのレッスン
気持ち良い汗かきたいですよね。
人間的にいい人なら必ず気持ちは伝わりますよ。
それでだめなら人間的にも???かな。
Commented by みき at 2009-06-30 23:07 x
クラシックのレッスンならば、クラシックを弾くのがあたりまえなのでは?
その方がいくらジャズがお好きでも「場」というものを考える必要があると思います。ぜひ、ジャズは別の場で…。
Commented by とら at 2009-06-30 23:47 x
私もコーリャさんと同意見です。
バレエ団専属のピアニストさんなら、先ずダンサーのお稽古のしやすさを優先させるべきなのではないでしょうか?

しかし、長く団の中で踊られている岩田さんが悩んでおられるのですから、その場の雰囲気やその方との関係など知らない私が軽々しくコメントすべきではないのかもしれませんね。

ただ、やはり怪我や事故を防ぐ、という意味でも冷静なお話合いができるといいなと思います。
もしかしたら、その方は、誰からも抗議が出ないということで、ダンサーの皆さんが満足していると思われているのかもしれません…
Commented by ok at 2009-06-30 23:58 x
岩田さんが「人間的に良い人」とおっしゃる程の御人であれば
一度、きちんと話し合うべきなのではないでしょうか?
ピアニストさんも、ダンサー達に「いやだ!」と思われることが本意ではないでしょうし・・・
レッスンでジャズ風の曲を演奏される方は、結構いらっしゃいますが
一音一音を大切に体現するレベルのレッスンで、ジャズやクラシックなどのジャンルにかかわらず、明らかに合わない曲でレッスンを強いられることは、苦痛ですし、おっしゃる通り、怪我にもつながると思います。
何らかの形で、良い方向に、早急に改善されることをお祈りします。
Commented by 啄林 at 2009-07-01 00:23 x
ボリショイのイメージが今回の日記でチェンジ(流行り・・・?)
厳格なイメージがあったので、
ピアニストが自由に弾けるのには驚きでした。

自分には適切なアドバイスができませんが怪我をしないようにしてください。

レベルが違いすぎますが足の甲を痛めてしまいました。
でも休みたくないので無理してレッスンに参加してます。
Commented by くらのす at 2009-07-01 00:49 x
 独創性やインスピレーションや何かの為のレッスンなのか、理由があるからジャズを取り入れているのかもしれませんが、危険な動きになってしまう練習なんてリスクとストレスだけの罰ゲームに感じます。・・・映画のフラッシュダンスの様に自由なダンス(語弊があったらすみません)をしているのならいいですが、正統なバレエのお稽古にどうしてジャズが必要なのかが知りたいです、色んな要素を取り入れた良さもあるとは思いますが・・・危険が伴うのは困ります。 素人なのに口出ししてすみません。ですが、体が資本なのに岩田さんがこのお稽古で怪我をしてしまったら納得いきません、ファンの1人として心配で、書かせて頂きました。1日も早く、円満な話合いで解決となります様に願っています・・・。
Commented by Fado at 2009-07-01 07:39 x
腹をわって話したら以外に「そうか、わかったよ、気がつかなかったよ」って言って下さるような・・・
ダンサーがあくまでも主役ですよね。曲の選択がピアノ奏者に任されている事自体に驚きです。
jAZZは練習以外で思い切り弾いて頂きましょう。その時は岩田さんも
スウィング♪ して盛り上がって下さい。
Commented by なな at 2009-07-02 06:43 x
はじめまして いつもブログを楽しく拝見しています
ジャズはジャズなりに譜面を正しく演奏しますが、リズムの取り方がスィングすることが多いので、クラシックのeven のリズムでは踊りにくそう・・・ここはこういう風に引いてほしいと、ちょっとずつ、リズムを変えてくれるように、お願いしてみてはいかがでしょう?
<< お礼 父 >>


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧