第一回舞踊フェスティバルコンクール

5月30日
ブリヤートオペラ劇場にて
岩田守弘芸術財団とブリヤート劇場の主催で
舞踊フェスティバルコンクールが開催された。

これは、僕の妻がイワタモリヒロバレエ学校の生徒の為に
何かやろうと提案したのがきっかけ。

何をやるのでも手探り状態からの始まり。

まあ、とりあえずやってみようと
出場者応募を始めたが全然連絡がない。

妻は、パニクリ僕を焦らせる。
誰に連絡しろとか、広告を出せとか、
うるさい。
はっきり言って僕は面倒くさいから、
「集まらなかったら、イワタモリヒロバレエ学校の生徒だけでやれば良いよ。」
と気休めを言う。
妻は、「バカもの!そんな事でどうする。早く誰かに言って出場者を集めよ!」
とせかす。
ところがどっこい、締め切りぎりぎりで出場者殺到。
総勢460名が応募。
で、今度はこっちが困った。
一体、楽屋割りをどうするかだ。
幸い劇場がなんとかしてくれたが、当日は、子供達でメッチャクチャになっていた。
ま、とても賑やかで楽しかったのですけど。
クラシック、民族舞踊、現代舞踊の3部門に分かれて審査が行われた。
審査員には、僕を始め、ロシア功労芸術家やブリヤート人民芸術家が
当たってくれた。
こうやってみると、僕の財団はそんなにお金は無いが、人材が豊富なのだ。

朝、10時からリハーサルが開始、
15時審査開始。
終演は21時30分だった。
くたくたに疲れたけれど、子供達に発表の場を与えられた事、
皆が喜んでくれた事が、とても嬉しかった。

今回も、劇場の大きな支援のお陰で催し物を成功させる事が出来た。
ブリヤート劇場に感謝!
[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-07 02:11 | Comments(0)

日本人抑留者追悼式5月28日
5月28日
ロシア、ブリヤート共和国、セレンギンスキー地区のタンチンスキー・ダッツァンにて日本人抑留者の追悼式が行われた。
岩田守弘芸術財団とイチギーロフ研究所とセレンギンスキー地区自治体の主催。


僕は、ウラン・ウデに来て約5年になる。
ここで暮らしていると、この地と日本人との縁の深さをとても強く感じる。
僕が、働かせて頂いている劇場も町の中心となる建物も
シベリヤ鉄道も日本人の抑留者が建築に携わった。
その多くが、現在でも使われている。
気温が、摂氏30度以上からマイナス40度以下にまでなるシベリヤのこの厳しい環境のなかで、建てられてから70年以上が経つ。

それでも、日本人の造ったものは、壊れない。

そう、超ハイクオリティーなのだ!



そういうのも含めて
いろんな意味で、ここの人達は日本人を尊敬している。


その恩恵を受けてなのか、もともとブリヤートの人達が優しいのか分からないけれど、僕は日本人ということで地元の人々に大変に良くしてもらっている。

そして、ここの劇場で働いていると、劇場の魂を感じる時が往々ある。
僕にはそれが日本人のものであると思えてならない。

苦しい中で、生きていた抑留者の方々のお陰で今、僕達はこうして活動していられる。

今回の追悼式は、政治的な事はいっさい関係無く、
一般市民がお互いに尊敬しあい、亡き方々の冥福をお祈りする為のもの。
ロシアのお寺で行われるのは初めてだそうだ。

このダッツァンは150年間ロシアの仏教の中心地とされていたところで、
ここのご住職様に相談したところ是非お祈りをするべきだと仰って頂き
今回の追悼式が決定した。

追悼式には、日本から全国強制抑者協会会長秘書の方と、
ウラジオストックから共同通信の方に来て頂き、とても厳粛に行われた。
3名のブリヤートバレエ団日本人団員や地元の方々、多くの子供達も参加してくれた。

僕はとても感動した。

800のロウソクが灯され、1500羽の千羽鶴が折られた。
始め800羽折れれば良いと思っていたのだが、
ブリヤートバレエの団員や関係者、地元の方々と子供達が協力してくれたら
こんなに多くの鶴が折られていた。
千羽鶴を折るのは僕のアイデアだったが
お祈りの後、その鶴をどうすれば良いのか分からない。
僕は、燃やすのかな~と思ったのだが
お坊さんが近くの川に流すのが良いとおっしゃったので
そのつもりだった。
しかし、前日になってお坊さんが
鶴は空に飛ばそうと言い出した。
紙で折った鶴である、もちろん飛ぶはずがない。
関係者の方々は大変に困ったが、
ある人が、「風船にガスを入れて飛ばせば、、。」
と考え急遽、ガス入り風船(あまり響きが良くないですね。)を用意した。

追悼式当日、お祈りの後、白い風船(ガス入り)に白い鶴が結ばれた。
風船に結ばれたのは100羽の鶴。
皆で輪になり、鶴を一斉に空へ飛ばした。
100羽の白い鶴が、抑留者の方々へのお祈りを届けてくれるかのように
遠くへ遠くへと飛んでいった。
と思ったら、1羽の鶴が電線に引っかかってしまった。
他の鶴は、風に乗ってどんどん飛んでいく。
すると、もう一羽の鶴が、まるで待っているかのように
電線に引っかかっている鶴の近くで止まっている。
なんで、あんな空中で止まったのだろう?
たまたま風の向きが変わったのかどうなのか分からないが
その鶴は、そばで待っている。
風に吹かれ、電線に引っかかった鶴が電線から離れると
空中で止まっていたもう一羽の鶴も一緒に飛んでいった。
お坊さんもびっくりしていたが
見ていた人達には、その二羽が夫婦鶴に見えた。
そして、仲良く一緒に遠く遠くへと飛んでいった。

追悼式を祈念して、6人の日本人の手で桜の木が植えられた。
正確にはサクランボの木。
日本の桜はこの土地では、なかなか育たないので
地元の木を植えた。
左から3本目が僕の植えた木だ。

冗談でお坊さんが「誰の木が良く育つかな?」と笑う。

大きく育って、桜の花を沢山咲かせてくれる事を祈り、
追悼式が終わった。
c0151783_01305821.jpg
c0151783_01313705.jpg
c0151783_01321825.jpg
c0151783_01325977.jpg
c0151783_01334957.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-07 01:28 | Comments(1)

5月28日の日本人抑留者追悼式に向けて
5月28日に、ウラン・ウデから約150キロ離れたセレンギンスキー地区で、この土地で亡くなられた日本人抑留者の方々の追悼式を行う。
地元の人達のご協力によって今回実現する事が出来る。
詳細は、また今度投稿しますが、
この追悼式の為にロシア人、ブリヤート人、そしてここにいる日本人が集まり千羽鶴を折る事になった。
皆んなが真剣に、大切に、心を込めて作ってくれている事に感動しています。

そして、この気持ちが、必ず届くと信じています。

c0151783_02462755.jpg
c0151783_02465742.jpg
c0151783_02483919.jpg
c0151783_02490611.jpg
c0151783_02492884.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-26 02:36 | Comments(3)

5月24日、区切り。
バレエ学校の卒業コンサートが終了した。
僕にとって初めての生徒の晴れ姿。
たったの4人の生徒。
皆それぞれ個性的。
アルレキナーダのパドゥドゥ、
ジゼルなどを披露。
全力を出し切り良い踊りをしてくれた。

彼らの成長は、実にまだらで、
全然成長しないと思うと
いきなりぎゅっと上手くなる。
そして、ダメな時期が
ず〜〜っと続き
また、急に上手くなる。
その繰り返しだった。

今回の卒業コンサート1週間前もそうで
いきなり上手くなった気がする。


その理由が、僕には分からない。



それでも、3年間の教師生活を終え
いろいろな事が分かった気がする。

簡単に上げると、

1、教師は、いつも真剣でなければならない。
2、教師は、我慢強くなければならない。
3、教師は、常に勉強し続けなければならない。
4、、、
5、、、、、、、、、、、、、。


沢山の事が分かって、僕も成長した。

そして、今の僕には出来ないと言う事も分かった。

偉大なる先生方に、今まで携わってきたが、
新ためて彼らの凄さに脱帽する。

先生というのは、
大変で、割に合わない職業なのだ。

要するに、偉大なる先生方は、
何かの顧みを期待せず、
純粋に生徒を愛し、
教師という職業を心から愛しているのだ。

まあ、運良く良い生徒に当たるということも
あるだろうけれど、それらも含め、
まさに天職なのだ。


あ〜あ、、
この3年間で、早起きになってしまった。
もともと、夜型の僕だったのに、、、。


お〜〜〜い

これから、朝早く起きちゃったら

何すれば良いんだ〜〜〜〜っ!


[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-25 10:01 | Comments(2)

抒情歌
今回の舞台の試みは、いろんな意味での挑戦であった。
芝居と踊り。
最低限の動きでの表現。
僕にも少しセリフがある。
声の出し方から、トーンやスピードなどのニュアンスに気を使ったのも新鮮だった。
演出家との共同制作も大変に刺激的で勉強になった。
女優さんとの共演も、自分の演技を客観的に
見つめる良い機会だった。

新しい事にチャレンジし、
初心に戻り、
今まで培ってきたものを見つめ直した。



川端康成に感謝。


c0151783_10370611.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-23 10:16 | Comments(0)

コッペリヤ
コッペリヤ初演が無事終了しました。
お客様総立ちの拍手大喝采。
ブリヤートバレエの新たなレパートリーの
誕生です。
モスクワから、ブリヤートバレエの大スポンサーのMITSUBISHI様もいらしていただき、
そして大変に気に入ってもらえたようでした。
人生で初ブラボーを言っていただけたというのも誇らしく嬉しく思っております。
このように長期にわたって支援していただいている事は、劇場にとってもアーティストにとっても、そして僕個人にとっても大変に心強く、これからも努力を続けられると、心より感謝を致しております。


c0151783_12005536.jpg
さて明日は、川端康成のドラマバレエ抒情歌を
初演します。

今回の舞台は僕にとって新たな挑戦となります。
派手な動き無しでいかに表現をするかが
ポイントとなるので、
更なる内面の充実を目指し頑張りたいと思っております。




[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-19 11:31 | Comments(2)

賢者の言葉
二度と戻ってこない三つのもの。

時間、

チャンス、

そして、自分の言った言葉。



c0151783_00472681.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-15 00:45 | Comments(1)

5月9日
皆さん、
お久しぶりです。
ウラン・ウデも大分暖かくなって参りました。
さて、今日はロシアの勝戦記念日。
ロシアの各地では軍事パレードなどがあり沢山の人々がお祝いをしていました。
ウラン・ウデも例外ではなくセンターは凄まじく多い人々で大フィーバー。

そんな、お祭りを背に僕は、イタリアから来てくれた
バレンチン君と共にバイカル湖へ。
車からながれるラジオも勝戦記念日のテーマで持ち切り。
でも、僕らは二人で「我々は負けた側だからね、、。」
と笑う。

さて、バイカル湖はめーーっちゃくちゃ良い天気。
風も無く穏やかそのもの。
温泉に入ってのんびりして
帰ってきたのでした。

話は変わりますが、
フェイスブックで面白い投稿が。

内容はプロとアマの違い。

11項目あるのですが
一番始めに挨拶の事が書いてありました。
職業によって違いはあるのでしょうが
そうだな〜。と思ったのです。


挨拶自体は、プロとしての実績に直接関係は無いのかもしれませんが、
大切なのは、全ての物事に対する姿勢が大切なのでしょう。


そういう事で、
自分にも、もう一度活を入れなければ、、、
と思ったのでした。
[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-10 01:01 | Comments(1)

ウランデです。
ウラン・ウデに帰ってきております。
c0151783_01585475.jpg

これは、劇場の近くの
セレンガという川。


今日は、メーデーでこちらも休日。

この休日を利用してバイカル湖畔にある
バイカル温泉に行って参りました。

バイカル湖は、まだ氷に覆われています。
c0151783_02103155.jpg



寒そうでしょ。




しかし、ここの温泉、最高〜〜〜!
うししのし!
なのです。

久しぶりに、身も心も休んだって気持ち。



さて、今月は、
17日、18日にコッペリヤの初演、
20日、21日は、女優さんと二人で演じる川端康成の叙情歌を初演。
22日は、バレエ学校の公演でラフィーユマルガルテ。
24日は、バレエ学校の卒業公演。
28日は、シベリア抑留者のここで亡くなった方々へのお祈りの式。



また、明日からグァンバリま〜〜す!

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-05-02 01:57 | Comments(1)

岩田守弘氏に踊りの騎士賞  バレエ、モスクワで授与式
夕刊メモ 本記、佐々木健

 【モスクワ共同】モスクワのスタニスラフスキー・ダンチェンコ劇場で27日、ロシア誌が主催する「踊りの魂賞」の授与式とガラ・コンサートが開かれた。東シベリア・ウランウデのブリャート国立アカデミーオペラ・バレエ劇場でバレエ団芸術監督を務める岩田守弘(いわた・もりひろ)さん(46)が芸術活動を評価され、同賞の一部門である「踊りの騎士賞」を授与された。
 岩田さんは名高いモスクワのボリショイ・バレエ団で第1ソリストとして活躍した後、2012年に現在の劇場の芸術監督に転身し、後進の指導に尽力してきた。
 ステージではこの日、岩田さんの経歴が紹介された後、同劇場で指導を受けてきたダンサー、上野瑞季(うえの・みずき)さんらが岩田さんの振り付けによる「月の光」を披露。壇上に招かれた岩田さんは記念品の彫像を受け取り、大きな拍手を浴びた。
 岩田さんは「尊敬する方々が受けてきた賞を頂き、光栄に思うとともに、責任感やさらなる意欲に満ちあふれています。偉大な先生方の教えや伝統を重んじ、今までの経験を生かして、芸術の発展や次世代の育成、日ロ友好のために努力し続けたい」とコメントした。
岩田守弘さんは横浜市出身▽上野瑞季さんは島根県出雲市出身(了)


以下のグーグル検索によると、多くの新聞がウェブサイトで掲載しています。
https://www.google.ru/search?q=%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AF&hl=ja&gl=jp&authuser=0&tbm=nws&tbs=sbd:1&ei=VwMDWZeIDpCQ6QTm8qmoBg#q=%E5%B2%A9%E7%94%B0%E5%AE%88%E5%BC%98&newwindow=1&hl=ja&gl=jp&authuser=0&tbs=sbd:1,nsd:1&tbm=nws
c0151783_23411342.jpg



[PR]
# by ibashika201107 | 2017-04-28 23:36 | Comments(1)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧