18日
ウラン・ウデから車で5時間半。
バイカル湖湖畔を通り過ぎ自然の中を突っ走りイルクーツクに到着する。
1時間後バスに乗り約20キロ離れたアンガルスクという町に公演に行く。
あまり大きくはないけれど立派な劇場がある。
今回は、バレエのガラコンサート。
オーケストラの演奏。

僕の楽屋からは、着飾ったお客様が劇場に入っていくのが見える。

皆んなとても楽しそうで嬉しそう。

幸せだ。

僕も、創作を一曲踊る。
入念にストレッチをし、しっかりとウォームアップをして準備万端。

出来は、まあまあかな。

公演自体は、お客様総立ちの大喝采にて大成功に終わった。



さて、ブリヤートバレエに安息の日々は無い。
翌日も、朝10時から、レッスン。
11時から子供バレエ"猫の家"。
その後、リハーサル。
18時からは"白鳥の湖"。

明後日も朝からレッスン。
その後"コッペリヤ"のオーケストラとの舞台稽古。夜は"白鳥の湖"



ダンサーは、皆んなタフだ。

舞台後も、どうやらパーティーやってるみたいだし。
良いな〜。
僕も、若かった頃は結構無茶してたしね。

懐かしい、、、。

ダンサー諸君、大変だろうけど、
今を一生懸命生きて下さい。
それは、もう2度と返ってこない貴重な時間だからね。

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-18 18:07 | Comments(1)

ごちそうさま
日本からのお土産でいただいたラーメンを一人でいただいている。

うまい


うますぎる!!!

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-16 13:52 | Comments(1)

15日
無事、抒情歌の2回公演を終えた。

僕にとって大変に刺激的な舞台であった。
踊りもあるのだけれど、
振りがはっきりとは決まっていない。
即興的な部分が多くあり、自分の自由な表現をする。
だから、毎回違う舞台が生まれる。

感情のままに、、、
それに従う。

客席に泣いている人がいる。

僕の目にも涙が浮かぶ。





抒情歌の舞台を終えた、翌日からは、
いよいよブリヤート劇場のイルクーツク公演が始まる。団員はバスでウラン・ウデから12日に到着。
13日から公演スタート。
"ガラコンサート"、"アンガラの美女"、
"白鳥の湖"、"コッペリヤ"、"猫の家"。
5演目11公演。

ガラコンサートには、僕も出演。
体の調子は、まあまあかな。


やはり舞台は、いいね。


一つ一つの舞台は、人生の宝物。
それも、普段の生活と連結する。
舞台での成功は、毎日の行動の成果であり、ダンサーの生きる姿勢の表れでもある。
イルクーツクには毎年公演に来ていて、ファンの方々が大勢いてくれる。そして、バレエ団の成長を喜んでくれている。

僕も、少しずつ人間的に成長をしている彼らを見て嬉しく思う。

しかし、中にはあまり成長をしていない人もいる。残念ながらそういう人達は、何が成長かが分からない。もしくは、自分の中の信じていることだけが正しいと思い、いつまでもそこから出る事が出来ない。芸術家になるのは、複雑なのだ。そして、チャレンジを怖がらない精神を持たなければならない。そしてその心を持ち続ける強い意志がなければならない。

厳しいね。



さて、僕は本体から離れ一路ウラン・ウデへ。

今は、夜行列車で移動中。

ウラン・ウデに行くのは、
16日にブリヤートのバレエの母と呼ばれる故サヒヤーノワの記念碑の開碑式とバレエ学校の卒業記念式に参加するためだ。

それが終わったら直ぐにイルクーツクへ戻る。

今回は車で移動してみようと思う。
約400キロの旅。

楽しみです。

着いてその日に本番なので
気を抜かないようにしなきゃ。





[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-16 00:04 | Comments(2)

6月11日抒情歌イルクーツク
展示会場の準備が着々と進む。
自分の中の何かがメラメラ燃えだす。
こういうの大好き。
c0151783_12291868.jpg
c0151783_12300744.jpg
c0151783_12314016.jpg
c0151783_12305032.jpg
c0151783_12322911.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-11 12:26 | Comments(3)

抒情歌イルクーツク公演
お陰様で18時間18分の汽車の旅も楽しく過ごせ無事にイルクーツクに到着しました。
今日から2日間ここの展示場で抒情歌を上演します。舞台ではないパフォーマンスです。
朝の目覚めも良く、心はワクワクしています。
切符も完売。
落ち着いて、ウォーミングアップをきっちりやり、全てをかけて舞います!

写真は、チタからイルクーツクまでのものです。
1枚目と2枚目の間隔は約2時間。
3枚目以降は、バイカル湖。
汽車は、およそ4時間かけてバイカル湖湖畔を通過します。
途中で乗ってきたおじいさんは、6時間以上ノンストップで話しをし続けていました。
スゴイパワーだと感心でした😅
c0151783_09242650.jpg
c0151783_09254010.jpg
c0151783_09273086.jpg
c0151783_09292395.jpg
c0151783_09294899.jpg
c0151783_09301588.jpg
c0151783_09305411.jpg
c0151783_09314358.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-11 09:12 | Comments(1)

来た
汽車チタ到着

ただいまチタ朝6じ
c0151783_06050370.jpg
c0151783_06054025.jpg
c0151783_06062448.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-10 06:01 | Comments(1)

チタからイルクーツクへ?
チタにての5日間8公演を終え、
イルクーツクへ汽車にて移動する。
チタでの公演は、連日満員にて大成功を収めた。
僕は、最終日のガラコンサートに出演。
富士への登攀という自作の踊りを披露。

団員の皆は、公演後すぐにバスに乗りウラン・ウデに移動。

僕は、イルクーツクにて
先日初演した抒情歌を11日、12日に上演する為、すぐにイルクーツクへ移動するのだ。

劇場の係りの人にお願いして、汽車の切符を買ってもらった。
イルクーツクで迎えに来てくれる人に時間を伝える為に切符を確認する。
ロシアでの汽車の切符の記載の仕方は、
大変に複雑である。
ロシアは広いので時差があるが、
汽車の切符の時間が、全てモスクワ時間で書いてあるのである。
これが、結構こんがらがるのだ。
例えば、今回僕はチタからイルクーツクへの移動である。今日の夜出発すると明日の昼くらいに到着する。今日の夜中(次の日)だと次の日の夕方くらいの到着だ。
で、それがモスクワ時間で書いてある。
チタとモスクワの時差は6時間。

僕は、買ってきてもらった切符を確認する。
10日19:42分発。

チタからイルクーツクまでは約18時間。




イルクーツクでの本番は11日。






間違えだ。
日にちを間違えて買ってしまったのだ。

9日のを買わなければならなかったのだ。

ということで、僕は駅の切符売り場に行き
切符を交換してもらう。
同じ汽車で9日のが欲しかったのだが
毎日出ていなくて無い。

切符売り場のお姉さんが言う。
「次の汽車は、10日の朝5時発です。」

まあ無いのならしょうがない。

「それを下さい。」

で、その切符を購入した。

ホテルに帰り一眠り。

ちょっと心配なので早めに出て
30分前に駅に着く。

汽車の情報はどこにも無い。
インフォメーションに行ってもない。

どうやらアナウンスが、あるらしい。

僕は、ひたすら待つ。

待合室のモスクワ時間を示す時計は23時43分。

昔しの、ソビエトを思い出す。

なつかしいな〜。

c0151783_05443525.jpg



[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-10 05:05 | Comments(0)

モスクワのアルバート通りにて
モスクワにお住いの映画監督、役者の木下さんからお知らせいただいたのです。
モスクワのアルバート通りに、今度行われるモスクワ国際バレエコンクールの歴代受賞者の写真が飾られているそうです。
で、僕も受賞者なので写真があったそうです。
モスクワの方々ご覧いただけたら嬉しいです。
1993年 眠れる森の美女 より ブルーバードのバリエーション

c0151783_23241457.jpg
c0151783_23245973.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-08 23:16 | Comments(1)

チタ公演
ただいま、チタに来ております。
ブリヤートバレエの地方公演が始まりました。
昨日今日と白鳥の湖、明日、明後日は昼、くるみ割り人形、夜はアンガラの美女
そのあとガラコンサート。ガラには久しぶりに僕も踊ります。
がんばりま〜す!
c0151783_02384004.jpg
c0151783_02390710.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-07 02:30 | Comments(2)

6月3日
ウラン・ウデで大変にお世話になっている方の娘さんの結婚式。
ブリヤートの結婚式は、独特でとても大勢参加して行われる。
400人とか1000人とかが普通だそう。
今回は、娘さんの希望で少人数でやることになった。
それでも200名。
お婿さん側から100名、お嫁さん側からも100名。
呼ばれえた方は、親戚とお友達。
ここでは、親戚付き合いをとても大切にしている。
僕は、大変に素敵な事だと思った。
参加した皆さんがそれぞれお祝いの言葉を言う。
最後の方で僕も知っている男性の方の言った事が面白かった。

「ご結婚おめでとうございます。
私達も結婚して長くなりますが
1つ助言をさせて下さい。
もし、奥さんが怒っていたら
絶対に口答えしない事。
分かった分かった、ごめん。
と答え、後は、自分の好きにやれば良い。

もし、旦那さんが怒っていたら
絶対に口答えしない事。
分かった分かった、ごめんね。
と答え、後は、自分の好きにやれば良い。」

となりで奥さんがニコニコしていた。

とても素敵な結婚式であった。
c0151783_02364499.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2017-06-07 02:27 | Comments(0)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧