もうすぐ春!?
2月のモスクワは、寒さが一番厳しい時期ですが、今年は、ちょっと暖かめです。
0℃前後を、あっちに行ったりこっちに来たり。
僕は毎朝7時半、長女マリヤをバレエ学校に送りに行きますが、12月・1月は外が真っ暗でした。
しか~し、今日外へ出てみると、空がうっすら明るくなっているではありませんか!
うーーん 嬉しい!
そして、夕方5時、次女ありさを、英語の勉強へ連れて行く時も、いままでは暗かったのに、今日は明るい夕方です!
c0151783_1112785.jpgこれで一ヶ月、二ヶ月を過ぎると、 段々と雪が溶けて日差しが強くなってきて、葉っぱが目覚めるのです。
人々の表情も、どんどん明るくなっていきます。
冬真っ最中なのに、もう春を夢見ている僕です。

写真は僕の家の側です。

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-08 00:00 | モスクワ生活 | Comments(2)

いつも応援ありがとうございます
どんな人でも、他人の目や評判は気になるものですが、バレエダンサーは、子供のころから、自分を綺麗に見せる事や、自分の踊りで、人を喜ばせるという事を目的にしているので、舞台の前は、いつでも不安を背負っています。
だから、お客さんの拍手や良い批評は、僕らには最大のご褒美ですね。
ファンというのは、お客さんの中でも、特に通じ合えた人達だと思うのです。
その人達が舞台を見て、応援してくれた時は、不思議に良い踊りが出来る事が多いです。
日本のファンは、クレイジーですか?という質問がありましたが、実は、僕にはその様なファンはいないのでちょっと分かりません。
僕のファンは、僕の踊りに感動してくれた人達で、いつも、バレエを楽しみに来てくれて、そして喜んで帰って行く人達だと思います。
決して、僕の事を訳も分からず、神様の様に祭り上げる人達では無いからです。
でも、やっぱりサインや握手を求められると、嬉しいですけどね。へへへ。

床のことですが、これはダンサーにとって、とっても重要な問題ですが、残念ながら、劇場の床は自分用に変えることができません。
僕はボリショイで働く以前、ロシアバレエ団で働いていましたが、海外公演が多く、色々な舞台に立ちました。
大きなオペラハウス、すごく小さな室内音楽劇場(めちゃくちゃ小さい)、スタジアムの特設舞台(めちゃくちゃ大きい)、浜辺に作った舞台(湿度が高くてびちゃびちゃ)、洞窟の中の舞台(空気が薄くて倒れる人あり。しかも更衣室が無いので、僕らの着替えを観光客が見ていく)、冬の野外劇場(体から湯気が出ますね。)など・・・。
踊ると、とげが刺さったり、穴が開いていてたり、あちらこちらに段差があったり、傾斜や床が波をうっている舞台もあったりと、様々です。
踊る人は大変ですが、お客さんには言い訳は出来ません。
ある程度どんな所でも、踊れなければ!と思います。
そしておかしな事に、踊りの上手い人、また、上手く踊れてしまう時は全然気にならないし、口に出しません。
やっぱり言い訳なんです。
ダンサーの人 強く逞しく踊っていきましょう!

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-07 00:00 | バレエ日記 | Comments(5)

コメントについて
岩田守弘オフィシャルファンブログ開設後、たくさんの励ましのお言葉、コメント等頂き、大変ありがとうございます。
質問に関してですが、いくつかの質問が集まった時点で、本人から記事として投稿させていただきたいと思います。
何卒ご了承のほど、よろしくお願いします。

岩田守弘オフィシャルファンブログ事務局
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-06 00:00 | お知らせ | Comments(1)

★給与UP★
ボリショイのダンサー全員の給料がアップした

お金の話になると、殆んど貧乏自慢です・・・。

ソビエト崩壊後経済はとても不安定でした。
その当時、皆が国家公務員でその中でもアーチストの給料は良かった方なんですけど・・・。
日本円にすると1ヶ月7000円位くらいのときもありました!
ツギハギしていたロシア人なんて、よ~く見かけましたよ。
物価が安かったのもあるのですが、いったいどうやって皆暮らしていたのか、不思議でした。
それから、どんどん物価が上がって、生活がとっても不安定だった時もありました。
お金をだまされる事も多く、しかも警察の協力など全然頼りにならない。
そんな時代がありました。
そんな時、街中で人々が助け合う姿が、僕は大好きでした。
例えば、若者がメトロやバスで、お年寄りや女性に席を必ず譲るとか。
今は、ロシアではあまり見かけなくなりましたが、日本ではどうでしょうか?
僕は1年半以上日本に帰ってないので、わかりませんが・・・。
良い事をすると恥ずかく思えるのでしょうか?
でも、どこでも(国を問わず)人々が助け合っているのを見ると、嬉しくなりますね。
今は、ツギハギしてる人も見かけないし、ある程度欲しいものは買えるようになり
生活は良くなりました。
昔が懐かしいと思う時はあるけど、もう僕にはあの生活は出来ないだろうな~。

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-05 00:00 | モスクワ生活 | Comments(1)

母、70歳
2月3日、僕の母が70歳の誕生日を迎えた。
僕は、小さい時から母っ子で、小学生になっても、膝の上に座っていたぐらい甘えん坊だった。
中学、高校時代は、すごく沢山会話をした。
色々なテーマについて、意見を交換し合った。
僕の中の良い事、悪い事の判断は、この時の影響が大きいと思う。
母には(もちろん父からも)愛情を沢山貰ったと、心から感謝している。

今度、両親が久し振りにモスクワに来る。
僕なりに、誕生日のお祝いも兼ねて、面倒を見させて貰おうと思って、今から待ち遠しい!!
去年のボリショイの日本公演以来,会うのは1年半以上ぶりだ。
お父さん、お母さん、どうぞ元気に来て下さい。

週末、上の娘(マリヤ)が、”友達と誕生日祝いを別荘で過ごしたい”と言うので、妻と下の娘(ありさ)は、金曜日から別荘に泊まり支度をし、土曜日、バレエ学校が終わってからマリヤと友達を送って行った。一緒に行った友達の家の車は、超高級車!
「僕についてきて下さい。」と言うと、ピッタリついてきて、間に誰か入ると、ものすごい勢いで追い抜き、また僕の車の後ろにピッタリ。
こりゃ、他から見たら、怖いだろう・・・と思ったが、友達だから、僕は大丈夫!!

皆を別荘に送り、急いで劇場に向かう。
舞台、パーティーの後、別荘へ夜中の1時頃に到着した。
僕は、ぐっすり睡眠。
子供達は、全然寝なかったみたい。(なんであんなに元気なんだ?)

c0151783_014314.jpg朝起きると、かなり雪が積もっていた。
母に誕生日のお祝いの電話をすると、横浜も雪が降っていたそうだ。
母は、雪を見て「とても綺麗」と喜んでいたし、娘達は、雪の上で転げまわって遊んで、楽しそうだったし、帰りの車から見えた夕焼けも、涙が出るくらい綺麗だったし、今日は、とっても良い日でした。

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-04 00:00 | モスクワ生活 | Comments(1)

ウラジミール・ニコノフ 70歳記念公演 「白鳥の湖」
2月2日の「白鳥の湖」は、現在、ボリショイの先生をしている、ウラジミール・ニコノフの70歳を記念した公演でした。
70歳には、とても見えない若々しさです!!
今でも毎日、朝のレッスンとその後のリハーサルも続けて指導しています。
嫌な事も沢山あるだろうけど、黙々と生きているように見えます。
舞台終演後、ボリショイ主催で彼のパーティーが開かれました。
今までの人生をかけてきたボリショイで70歳のお祝いをされて、すごく嬉しそうでした。
これからも、どうぞお元気で!!

ところで、僕の今日の舞台(道化)は、自分では満足しています。
努力の成果あり!
マラジェツ!!(ロシア語で偉い!という意味)

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-03 00:00 | バレエ日記 | Comments(1)

悪いダンサーの言い訳
僕の事です・・・。

前回、「床が柔らかすぎるから!!」と書きましたが、これはまさにへたくそダンサーの典型的言い訳です・・・。

昨日、ちゃんと踊れなかった、靴が悪い、床がデコボコしていた、などと言うのは、感覚が研ぎ澄まされていない時、集中力散漫な時、基礎体力が低下している時に出る弱音です。
と言うのも、レッスン後、家で筋力トレーニングをいつもより多くやり、お風呂に入ってマッサージをし、いっぱい食べて、よく寝たら、今日はばっちりOK!!
要はいかに、自己管理をしっかりするかです。
怠けてはいけないし、でもやりすぎてもだめだし。
肉体的にも精神的(こっちの方が重要かも)にも、ちゃんとバランスをとらないといけませんね。

さぁ~!明日がんばるぞ!!

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-02 00:00 | バレエ日記 | Comments(7)

白鳥の湖
2月2日の舞台、”白鳥の湖”に向かってリハーサル中。

沢山踊りこんでいる作品ですが、いつもいつも1からやり直し。
手の使い方から、音のとり方、足のポジション技術のニュアンスなど、頭では覚えているのですが、体は少しずつ忘れているようです。
始めは調子が良かったのですが、終わりの方で足がぐらつき、集中力散漫。

c0151783_26403.jpg現在、皆さんがご存知の古いボリショイ劇場は、改築工事で閉まっていて、その隣の建物のリハーサル場で稽古が行なわれています。
ダンサーの足の事を考えて、床が柔らかくなっているのですが、僕の足には柔らかすぎて、それが逆に負担です。
本当は、昔の木の床が大好きだったんですけどね。
ふっふっふっ!
実は、その床の木をボリショイが工事してる時、貰って来たんです。
全然知らないで見るとちょっと汚くて、燃やして炭にして、シャシリクを作ってしまいたい木ですが、僕には思い出の詰まった木です。数々の伝説が生まれた劇場で、僕も踏んだ木ですからね。
あと、幕の上にあった半円の部分の布の切れ端もあります。
はさみで、ちょん切ってきました。(写真の赤と金の布です)


岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-02-01 00:00 | バレエ日記 | Comments(1)

娘の誕生日で思うこと
僕はバレエが大好きです。

踊る事が上手くなりたくて、無我夢中で頑張って来ました。
努力によって、少しずつ上達していく過程は、楽しい時間です。
失敗したり、成長していない様に感じる、どん底で苦しい時を通り越し(こういう時に本当の意味では成長しているのかもしれない。)、自分なりの抜け道が見つかった時は、苦しんでも良かったと思えます。
もちろん、形として評価してもらえても、嬉しいです。

僕は、踊る側、見る側、どちらも好きです。
踊っている時の最大の喜びは、お客さんと通じあえた時です。
舞台からお客さんはなかなか見えないし、もちろん舞台と客席で、お互い会話などしませんが、客席からの熱気はすごく分かります。
こういう時はとても満足で、嬉しいです。
決して、技術などが完璧に出来ただけの場合だけでは、ありません。

そしてもう一つ、僕にとって大きな事は、バレエを通して沢山の人に出会えた事です。
色々なジャンルの人たちですが、専門が違っても、とても分かり合えるのですね。
人間性が豊かな人は、人に対して、優しいのです。
これはバレエの世界でも同じです。
きっと、本当に芯が強く、それぞれ信じている事がしっかりあるのだと思います。
嬉しい事に、今でも仲良くしてくれている人たちがいます。
この人たちは僕の宝物です。

皆さんどうもありがとう!!

今日は長女の誕生日です。彼女はモスクワのバレエ学校に通う3年生。
実は、ボリショイの友達に娘がバレエ習っていると言うと「 あーーー、かわいそう。」と言われたり、「娘にバレエを習わすとは正気の沙汰ではない。」とも言われた。
僕は好きでバレエをやっていて、しかも16歳まではサボってばかりいました。
強制された覚えがないので、皆の言う意味が理解出来ませんでした。
でも、やっぱり・・・・本当だ。c0151783_1515536.jpg
あーぁ、かわいそう
バレエはまず体型作りから、という事でダイエット。
子供なんだから、お菓子食べたいだろうに・・・。
そして徹底的に基礎の練習。
毎年の誕生日に、子供の成長に気付く。
大変だろうに良く頑張っていると思います。
いつの日かバレエが好きという日が来ますように。

岩田 守弘
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-01-31 00:00 | バレエ日記 | Comments(1)

雪かき
先日、久しぶりにダーチャ(別荘)に行くと、門が開かないぐらい雪が積もっていました。
3時間ぐらいせっせと雪かきをして、なんとか歩く道と門を開ける空間をつくりましたが、門が歪んでいて、しかもばっちり!凍りついていました。
夕方6時頃から、雪かきをしたので、外は真っ暗!

その後、門を直すのを放棄。

サウナに突入!!

体が暖まったところで新雪に飛び込む。
つっっ め たーーい

体に付いた雪が、あっという間に溶け、体から湯気が発つ。

カップラーメンを一人ですすり、静かな時間を満喫。

せっかく雪かきをしたのに、今日はまた雪です。
なぜか僕が車を洗った次の日は雨で、雪かきした次の日は雪が降るのでしょうか・・・。

雪国の方たちは本当に大変ですね。

写真は別荘のサウナに出来た「つらら」です。見えるかな?

岩田 守弘
c0151783_22521239.jpg
[PR]
# by ibashika201107 | 2008-01-30 00:00 | モスクワ生活 | Comments(1)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧