<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

26日
只今、イルクーツクにて地方公演中!
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-26 11:03 | Comments(3)

映画”魂”試写会
今日は、ドキュメンタリー映画”魂”の試写会をウラン・ウデにて行います。

あと、夜はこの劇場で踊る今シーズン最後の舞台。

がんばって参ります!!

c0151783_822616.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-20 08:02 | Comments(2)

入団発表!
2014〜2015年度バレエ団新団員決定!
日本から、上村遥、若林直子、上野瑞季、齊藤充央の4名。

今後の活躍を期待する!!


c0151783_037699.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-11 00:38 | Comments(3)

9日
昨日は、

の〜〜〜〜〜んびり、

バイカル湖で遊んできました。


さて、明日はいよいよオーディション。

幸運を祈る!


c0151783_2217486.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-09 22:18 | Comments(1)

7日
あ〜したは〜きゅ〜〜じつう〜ししのし。
あ〜したは〜きゅ〜〜じつう〜ししの〜〜〜し〜〜〜〜!!
バ〜〜イカ〜〜ル湖〜〜〜〜。
バ〜〜イカル〜〜湖〜〜〜〜。
シャ〜〜シリックやっちゃうぜ〜〜〜〜〜〜!!
そ〜〜んでもって〜〜〜
そ〜〜〜んでもって〜〜〜〜〜
お〜〜〜んせ〜〜〜んはいっちゃうよよよのよ〜〜〜〜。
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-07 19:46 | Comments(3)

プーシキンの誕生日
今日は、ロシアの詩人”アレクサンドル・プーシキン”の215年の誕生日。
劇場前の広場でプーシキン誕生日の催し物が行われた。

外人である僕も参加させてもらった。

プーシキンの詩”バフチサライの泉”を朗読したのです。

マイクを通し大きな音で僕の声がセンターに響きまくる。

自分なりに良く出来たと思うのだけれど
他から聞いたら凄まじいアクセントだったと思う。

それでもね、プーシキンの詩って
とても美しいのです。

まあ、良い経験になりましたし、
良い勉強になりました。


c0151783_20512961.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-06 20:53 | Comments(1)

2014年6月5日
今シーズン、ウラン・ウデの劇場での最後のバレエの公演が終了しました。
演目は「ドン・キホーテ」。
今月下旬にイルクーツクに地方公演に行きますが、
本拠地での最後の公演という事で大きな一つの区切りでした。
これで、ウランウデでの僕の2シーズン目が終わりました。
2年の間、とても沢山の事がありました。
バレエ団も僕も少しずつ成長していると感じています。
これも、本当に沢山の方のお力とご理解、そして応援だと心より感謝をしております。

ありがとうございました!!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!!
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-06 20:31 | Comments(1)

団員、研修生オーディション
急な事ですが、今月10日に国立ブリヤートオペラ・バレエ劇場バレエ団の
団員オーディションを行います。
朝10時スタートです。
希望者は連絡下さい。

場所は、ロシア、ブリヤート共和国 オペラ劇場です。


c0151783_1722314.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-04 23:57 | Comments(3)

駆け込み寺みたいなのかな。
あのですね、、

我慢できる痛さと

我慢できない痛さってあるじゃないですか?

、、後者なのです。

痛いとか痛くないとかそういうんじゃなくて

こんなのあり?って感じ。

関節を動かすわけでもなく
ツボを押しているような感じでもない。
ボキボキもしないし引っ張ったりもしない。

筋ってあるじゃないですか、
筋肉じゃなくて硬い筋。
それをコリコリさせるんです。
足首とか膝とか股関節とか背中とか肩とかの。

それらを、とにかく無言でコリコリ。
こっちは、必死で我慢。
有無を言わさずコリコリ。
もう息なんて出来ません。
むっ!と息を止め、腹に力を込め、
痛みをシャットアウト大作戦。
それでも無情にコリコリ。
コリコリ、、コリコリ、、。
コリコリ、、コリコリ、、、

ん~~~、、がtt!

ガッデム~~!!!!!

シャットアウト大作戦、、、大敗北。

さらに、コリコリ、コリコリ。

これは、治療ではない!

”僕のこの世に対する悪行への制裁なのだ!”

大敗北した僕の頭には、そんな考えが浮かんだ。

治療が終わった後、
僕は汗をかいていた。

治療院を出て、僕はべラニーカと、お互いの勇姿を称えあった。

この戦いが今後どのような成果を見せてくれるかは分からない。
しかし、我々の魂がさらにパワーアップしたことに疑問の余地は無いであろう。








で、  次の日。






ん?




体の調子が、い・い・か・ん・じ・・・。


2日目、3日目、と続けて行く。

その日その日で少しずつ、
ほぐしていく所、
強くしていくところ、弱くしていくところが違う。

痛いところも移動していく感じがある。

僕は、もともと暗示に掛かりやすい性格なのもあるけど、
明らかに調子が良いと感じちゃう。

先生の治療は5分から10分。

先生は、いつも無言だ。


癒しの言葉なんか一切無い。

でも、皆とても癒されたような顔をして帰っていく。


僕もただ「こんにちは、」
と言って、
「ありがとうございました、さようなら」と言って
帰ってくる。

ある時、僕がその日の最後の患者だった時、
先生が一言ぽつりと言った。
「力が出てきたね。」

う~~ん、、

なんで分かるんだろう。
そうなのだ、体の調子が良いから鍛えられたのだ。

いや、先生の言うとおり力が出てきたから鍛えることが出来たのか、、。
どっちか分からないけどとにかく良いのだ。




もう、何回通っただろう?
今日の治療では、全然痛くなかった。
もちろん音だけはコリコリいうのだけども、、。

べラニーカいわく、
「年をとってくると骨とか弱くなってくるじゃありませんか、
あれは、骨を作る力が弱っているそうです。
この治療法は、体の滞っている箇所をほぐし治癒力を上げるみたいです。
だから、骨だって強くなるし、内臓だってそうだし、腱だって筋肉だって強くなるんじゃないでしょうか?」

なるほど、

と言うことは、毛も生えてくるかもね。


ふふふ。



とにかく、日本の深沢先生に診てもらえない僕にとって
体をケアしていくために、とても大切な場所となったのです。


先日、待合室で会ったおばちゃんが
「日本は医療が発達しているからすごいね。ここはこんなのだからちょっと恥ずかしいね。」と言っていたが、
とんでもない
こんな素晴らしい医療は、なかなか無い。

この町の人々は体の調子が良くないと駆け込み寺のようにして、
ここにやってくる。



料金は無し。


ただなのだ。

感謝をして
置いていきたい人だけが
置きたいだけ
置いていく。
置かないで帰って行く人もいる。

それでもみんな平等にヒーヒー言う。

そして何も言わずに帰っていく。


ただただ、感謝の気持ちだけを置いて、、。



ここの診察室のドアに
書かれている表札がある。

そこには、

「健康ーそれは努力。
努力ーそれは我慢。
我慢ーそれは苦痛。
苦痛ーそれは浄化。
浄化ーそれは健康。」

と書かれている。

はじめ見たときは、
ひゃーこれは痛いんだろうな~、、。
くっくっく。
と思っていたけれど、

今は、全然笑えない。

とても良い言葉だと思う。


c0151783_23474055.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-04 21:46 | Comments(1)

ゾーリク先生
で、地元のお医者さんの話の続き。

前回の写真の家に2部屋診察室があり
そこでゾーリク先生が、ただ一人で治療を行っている。

実は、随分前から彼の噂は聞いていた。

その治療の効き目の事もそうだが、
とにかく痛いのだそうだ。

初めてそこに行き待合室で待っていた時は、
はっきり言って、かなり、、、ビビった。

治療室に入って行く人々のうめき声が、否応無しに聞こえてくる為だ。

「んんんんんん、、、、んん〜〜!!」

「ぐぐぐっぐ、、、んん〜〜!!」

「あああっあ、、、ああ、、、、あ〜〜〜〜、、んん〜!!」


「う〜、、う、、、おおお!!ぐお〜〜!!、、の、!!」



「ふ〜〜、、ふ〜〜、、、、、ふ〜〜〜〜〜〜、、おおお!!ふ〜〜、、ふ〜〜」



赤ん坊、子供は順番待ちせずに、子供用の診察台に行く。

そして、、、、

皆、平等に悲鳴を発する。

「あ〜〜〜!!!!あ〜〜〜〜〜〜!!いたい〜〜〜〜!!!あ〜〜〜〜〜!!!」


そう、悲鳴をあげると言うよりも発すると言った方が正確なのです。

聞こえてくる悲鳴の度に、
僕は、連れてきてくれたベラニーカと目を合わせる。


、、、ぼくは、、、
待合室で心の準備を整える。

そう、痛みの感覚をシャットアウト大作戦!!
よし、これでいこう。

僕の順番が迫ってくる。

ベラニーカは言う。
「痛い時は、息を吐いて、呼吸を止めないように!」

「なるほどね。」



そして、治療室に入って行った。

僕だって男だ。
プライドもあるしな。

まあ、痛さの事も相当気になってはいたけれど、
とにかく治す為だ。

いつ先生に、僕のどこが痛いのかと聞くのを、
ベラニーカに聞いた、、
しかし、「何にも言わなくていい」
と彼女は言う。

???

普通は、病院に行ったりすると必ず言う事なのに、、?

で、やっぱり不安だから股が痛いという事を先生に伝えた。

でも先生は、優しく聞いているふりをしていたが
別に興味がないと言うかどうでも良いと言う感じ。

そして、治療が始まった。

左の足首からだ!







!!!!!!!!!!!!!!




、、、、




いっ!!!!



つっ!!!!!!!!



ん〜〜〜〜〜!!!!



次回に続く。
[PR]
by ibashika201107 | 2014-06-02 01:35 | Comments(5)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧