<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

27日
皆さん、ご無沙汰しております。
モスクワに来て、
時間があるから以前のようにちゃんと更新ができると思っていたのですが
とんでもない、
やる事に追われてヒーヒー言っております。

えー、久しぶりのモスクワ。
懐かしいと感じると思っていたのですが
全然普通。

それどころかやっぱり落ち着くんです。

それから嬉しいと感じる事もいっぱい。

それは、久しぶりにお会いしていただいた方々が
皆とても温かく接してくれた事。
(日本人も含めて。)
町の印象ってそこで会った人々との接し方にとても左右されるのですね。
う〜ん、モスクワ、、とっても温かいぞ。


あとですね、久しぶりのボリショイ。
う〜ん、あったかい。

そして、温かいとともに
、、いやそれ以上に凄い!

ほんと、怪物劇場なんだよね、
ボリショイって、、。

う〜〜、、まいった!
c0151783_216266.jpg
c0151783_2162590.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-28 02:17 | Comments(4)

クルムカ、ブルグジン、ウリュン。
モスクワに来て、時差のせいで朝早く起きちゃって、家族も皆寝てるし、やる事無いし、、
てことで先日の旅公演の写真をアップします。
まず、劇場をバスで出発してバイカル湖の湖畔を通り過ぎて行きます。
何カ所か、神様と言うか魂が強く存在するとされている所で止まって
ヴォッカをまいて挨拶をします。
そのお陰かバイカル湖はとても穏やか。
ウラン・ウデの町は、とても寒かったのに
湖畔は驚く程に暖かく風もない。
ダンサー一同ご機嫌でニッコニコ。
その後どんどん山道に突入して行きます。
道はうっすらと雪景色。
もうこの辺になると街灯もありません。
村に到着。
可愛いというか、愛おしいというか分かりませんが
とにかく、ちっちゃい劇場。
しかし、ダンサーは決して手を抜きません。
舞台を終え、町から町へ。
村から村へ。
ここ自体大分標高の高い位置に存在していますが、
更に高い山からの美しい自然の水の味は格別!
さて、今回の一番のスポット。
女神様のヤンジマです。
山の中に一つだけ巨大な岩があり
そこに自然に現れた女神様の絵。
人それぞれによって、絵が違って見えるそうです。
ある人は子供を抱いている女神様。
また、ある人は楽器を弾いている女神様。
見えない人もいるらしく、
実際、僕達グループで行った時も
何人かは
「どれが神様?どこにあるの?」
と、しきりに聞く人も。
僕には始めからはっきりと見えていて
見えないのが信じられなかったぐらいなんですが
ところがですね、
皆で写真を撮ったりしていて
ふざけていたら
その後に急に見えなくなってしまったんです。
光の加減かどうかは分からないのですが、
さっきまで見えていた神様の絵がどう見ても見えないんです。
一生懸命思い出してこの辺に顔があったはずだなんて頑張ってもどうしても見えない。
、、、。
ちょっと落ち込んで、
ヤンジマの周りをゆっくり一周して
そして、気持ちを落ち着けて
もう一度見てみると
うっすらと顔が浮かび上がってくる。

結局全部は見えなかったんですけど、、。


ヤンジマの周りには、無数の布が木に結びつけられ
無数の石が積み上げられている。

本当に数えきれないぐらいの人々が訪れ
思いを込めて願って行ったんだろうと思う。

そこには、とてつもないパワーが漲っているように感じられたんです。

c0151783_12424397.jpg
c0151783_1244186.jpg
c0151783_12444597.jpg
c0151783_12444769.jpg
c0151783_12453022.jpg
c0151783_12455560.jpg
c0151783_124620100.jpg
c0151783_12465115.jpg
c0151783_12471938.jpg
c0151783_1247399.jpg
c0151783_12481042.jpg
c0151783_12483959.jpg
c0151783_12484056.jpg
c0151783_1249196.jpg
c0151783_12493691.jpg
c0151783_12493584.jpg
c0151783_12495320.jpg
c0151783_1250119.jpg
c0151783_12505285.jpg
c0151783_12504180.jpg
c0151783_12513987.jpg
c0151783_1252279.jpg
c0151783_12522268.jpg
c0151783_1252793.jpg
c0151783_12523869.jpg
c0151783_12532035.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-21 12:54 | Comments(5)

20日
ええと、、
じゃじゃ〜ん!
モスクワに来てま〜す。

さて、先日の地方公演。
今回も、なかなかできない経験をして来ました。

もうですね、無いものだらけ。
無いのはインターネットなんてもんはもちろん、
普通の電話も、携帯の電波もなかなか繋がらない。
テレビも無いし、水道も無いし、
だからシャワーも無いし、水洗トイレも無いし、
街灯も無いし、舗装道路も無い。

あるのは、ただならなく美しい自然。
山、川、草原。
透き通る空気、満点の星空、眩しすぎる月の光、体に良い湧き水。
どこまでもゆっくり流れる時間。
そして、村。

しかし、月の光ってあんなに明るいとは思いませんでした。

あ、そう。

自然の事ばかりではなく公演についても、、。

今回は5日間7公演。

劇場は、、

え〜と、、、

え〜と、、

ま、劇場と言うかホールというか、、

ま、その踊る場所、、

一番大きいのが10メートル*13メートル。
一番小さいのが4、5メートル*5メートル。

くくくっっ、、、

だって、、4、5*5メートルって
いったいどうやって踊れば良いんだ?

アラベスク、グリッサードで、もう場所無いし、
グランジュッテなんてとんでもないし、、

で、結局そこで踊って来たんです。

どうやってって?

それは、僕にも分かりません。
むふふ。

とにかく無事にウラン・ウデに帰って来て
そして、すぐにモスクワに。

久しぶりの家族との時間。

モスクワ、

うん、やっぱり落ち着くな。
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-20 21:05 | Comments(3)

13日
地方公演から帰ってきて
11日には、僕の振り付けたバレエ”魂”をウラン・ウデにて上演しました。
出来は上々。
お客様も沢山来てくれて大成功!
良いスタートを切る事ができました。

さて、明日からまた地方公演です。
今度は、自然の豊かな山の方へ行きます。
地方都市というより
村に行くという感じらしいです。
僕も始めて行く所なのでどういう感じかまだ分かっていませんが
何やら神聖なる地らしいです。
目や心臓、肝臓、血圧など体に良い効用のある清水が湧き出ていて
子供を授けてくれる神様もいるらしいのです。
どうしても子供が出来ないカップルも今回一緒に行ってお願いするのです。
さて、子供は授けてもらえるのでしょうか?

向こうに行ったら多分インターネットが繋がらないと思います。
帰ってきたらまた報告いたします。

では。


c0151783_6121911.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-13 06:13 | Comments(4)

43歳の誕生日
10月6日で43歳になりました。
50歳まで踊るという目標というか予定に少しずつ近づいて
この頃体調も良く、まあなんとか踊れるんじゃないかと思っています。
で、43歳の僕の誕生日。
朝から一日中バス。
そう、バスの中の誕生日だったのです。
ダンサー達がお祝いしてくれて
これから又一年頑張ろうと決意が高まる。
押忍!

クラスノカーミンスクからチタに行って
そこからウラン・ウデに帰ってくるのです。
500キロ+640キロ
計1140キロのバスの旅。
10時22分出発!
c0151783_921542.jpg
c0151783_9221094.jpg
c0151783_9222482.jpg
c0151783_9224010.jpg
c0151783_9225449.jpg
c0151783_923784.jpg
c0151783_9232226.jpg
c0151783_9233861.jpg
c0151783_9235332.jpg
c0151783_924777.jpg
c0151783_9242235.jpg
c0151783_9243774.jpg
c0151783_9245119.jpg
c0151783_925633.jpg
c0151783_9252110.jpg
c0151783_9253511.jpg
c0151783_926459.jpg
c0151783_9261941.jpg
c0151783_9263539.jpg
c0151783_9265153.jpg
c0151783_927642.jpg
c0151783_927211.jpg
c0151783_9273763.jpg
c0151783_9275432.jpg
c0151783_928062.jpg
c0151783_928158.jpg
c0151783_9283042.jpg
c0151783_9284569.jpg
c0151783_92914.jpg
c0151783_9291644.jpg
c0151783_9294122.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-08 09:33 | Comments(6)

チタからクラスノカーミンスク
チタでの公演を終え、
皆超ダッシュでシャワーを浴び、
超ダッシュで夕食を食べ、
超ダッシュで荷物を整え
その夜クラスノカーミンスクへ出発。
なんでこんなに急ぐのかって?
それは、これから僕達を約500キロの道のりが待っているから。
でもって、次の日、昼の2時と夜7時の公演があるから。
バスは、夜、そんなにスピードを出せないし、
途中はガタガタ道。
結局10時間ぐらい走ったのかな。
その間ダンサー達は座りっぱなし。
もちろん途中ではトイレ休憩もあるのですけど。
で、そのトイレ休憩だって、こんなところにトイレなんて無いんですね。
周りは果てしない草原。
男子トイレとか女子トイレとかなんてのも、もちろん無い。
大きく分けて右が男子!左が女子!っていう壮大な自然のトイレ。
男子はバスに背を向け一列に並び2番ポジションで自然と一体化する。
女子は草原を歩きどこともなく消えて行く。
別に観察していた訳じゃないんですけど
ほんと、どこ行っちゃうんでしょうね。
きっと自然と一体化していたんだろうな。

クラスノカーミンスク。
ここはソ連時代唯一のウランが取れる所だったらしく
長い間、閉鎖都市とされていた。
で、最近開かれた町なのですが、まだどことなくソ連の匂いが残っている。
町の感じとか、人の感じとか、なんか違うんです。
それがですね、実にとっても良いんです。
たぶん、ただ単に僕のノスタルジーとかじゃなくて
落ち着いた雰囲気とか人間の温かさとか。
そういう良いものを感じる事が出来る。

会場も超満員のお客さん。
拍手だってただならなく熱い!
なんと休憩時間だってお客さんが席を立たないで、
皆パンフレットを一生懸命に読んでいる。
なんかな〜、健気って感じで愛おしくなっちゃう。

クラスノカーミンスク。
うん。
良い所だ。

c0151783_849268.jpg
c0151783_8493214.jpg
c0151783_8494920.jpg
c0151783_850629.jpg
c0151783_8503719.jpg
c0151783_851455.jpg
c0151783_8511296.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-08 08:53 | Comments(1)

チタ
チタでは、3日間で朝、夜、全6回上演。
お客さんがイ〜〜ッパイ来てくれて盛大な公演となった。
で、僕は今回は踊らず監督に徹する。
まあね、出来はそこそこかな。
とにかくお客さんがいっぱいで拍手を沢山してくれたから上機嫌上機嫌。

ここ、チタはウラン・ウデと同様シベリアで
第2次世界大戦後日本人抑留者の方々が沢山居たそう。
町にある日本人抑留者霊牌
お参りに。
c0151783_2354585.jpg
c0151783_23553538.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-07 23:55 | Comments(2)

2013年10月、チタ、クラスノカーミンスク地方公演
10月1日、朝9時ウラン・ウデ出発
一路640キロ、チタへ。
c0151783_23413420.jpg
c0151783_23415955.jpg
c0151783_23421220.jpg
c0151783_2342425.jpg
c0151783_23425271.jpg
c0151783_23431523.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-10-07 23:44 | Comments(2)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧