<   2013年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

29日
只今、モスクワに来ています。
阿部首相にお会いさせて頂きました。
とても、素敵な方でした。
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-30 05:30 | Comments(4)

26日 チャリティーコンサート無事終了
チャリティーコンサート無事終了。
二日間の公演は、満員のお客さんで埋めつくされ
大成功にて幕を閉じた。
僕自身も出演し、全力で踊る事ができた。
やはり、この劇場には僕らと深い繋がりがある魂が宿っている。


公演後、義援金を関係者と一緒に数えた。
こうやってお金を大切に数えていると、
何か胸に込み上げてくるものがある。
一人一人の気持ちがグッと伝わってくる。

遠い遠い異国の、小さな町から
僕たちの国、日本の被災地の方々を応援してくれている。

多額を寄付してくれた人もいるし、
10カペイカの人もいる。
でも、金額じゃない。
その気持ちを被災者の方々に伝えたい。

実は、この公演、3月11日にやりたかったのだけど
いつものように僕のルーズさでこんなに遅れてしまった。
でも、それだからこそやりたいと思ったのです。
だって、3月11日だけ応援しているわけではないんだし。

僕の友人、佐藤さんが言っていた。
「今回の震災は相当長丁場になるらしい。」って。

僕も一緒に応援していきたいと思います。

被災者の方々どうぞ頑張って下さい!

また、被災者にお知り合いのある方々
どうぞ、遠い外国からも応援しているとお伝え下さい。


c0151783_0113347.jpg
c0151783_0122539.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-27 00:13 | Comments(3)

25日コンサート
コンサートの準備完了!
ただ。ルジマートフが来れなくなっちゃったのが残念。
怪我をしてしまったとの報告。
怪我の具合も心配だし、待っていたお客さんにも残念。

でも、僕らは全力を尽くし、このチャリティーが成功するよう頑張ります。

c0151783_10391047.jpg
c0151783_10392621.jpg
c0151783_10394077.jpg
c0151783_10395464.jpg
c0151783_10401058.jpg
c0151783_10402483.jpg
c0151783_1041957.jpg
c0151783_1041280.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-25 10:41 | Comments(3)

22日
今月の25日26日にウラン・ウデの劇場でコンサートを行います。
皆さん、是非いらして下さい!

な〜んて冗談です。

日本からじゃなかなか遠くていらして頂けませんね。
モスクワからだって遠いし、、。

冗談はさておき、今回のコンサートは、
東日本大震災はのチャリティー公演です。
3月11日からちょっと遅れてしまいましたが
そんな時だからこそ、やりたいと思います。

被災地の方々、
こんな小さな町からですが
いつでも皆さんを応援しております!

で、今回のコンサートには、
我らがスーパースター
ファルフ・ルジマートフ氏も出演してくれるのです。

うう、鳥肌を立てているお客さんが目に映るようだ。


ふふふ、素晴らしいコンサートになりそうだぜ!
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-23 02:11 | Comments(3)

21日
薬を飲まずに自力で風邪を治そうと頑張って、
やっと治ってくる兆しが。

よしよし。

今日は、ウラン・ウデのテレビ番組で行われる子供の才能発掘(スター誕生?)
みたいな番組の審査員をしてきました。
朝の10時から夜の11時までの審査。
(もちろん何回か休憩はあったのですが)

さて、明日は、バレエ学校の卒業試験。
こちらも審査をしてきます。
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-22 01:20 | Comments(3)

風邪。
ううう。
久しぶりに風邪を引いた。
暖かくなったからといって油断をした。
まあ、そんなに大した事は無いのだけれど
一つだけ困る事がある。

それは、鼻水だ。

ピルエットを回る時に困るのだ。

だって鼻水をすすりながら回るピルエットって
かなり、
かっこ悪いんだもん。
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-19 00:54 | Comments(3)

15日
夜中に部屋を掃除。
むししし、、、。
綺麗になったぜ。

おやすみなさい。


c0151783_0532975.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-16 00:54 | Comments(3)

ウラジミール・ウラジミーロビッチ・プーチン
先日、プーチン首相がウラン・ウデに来ましたと書きました。
で、その時の一コマ。
プーチン首相は、ロシア正教徒ですが
今回、仏教寺院を訪問されたのです。
仏教はロシアの正式な宗教の一つとして認定されているし
ここは、その仏教の中心地なので
首相としては当たり前なのかもしれないのですけど。
(当たり前の事がなかなか出来ないのですけどね)
、、、
また、町の人に受け入れてもらう為かもしれないし
人気を集める為かもしれないのですが、
それらを含めても
僕は、プーチン首相の事を素晴らしいと思ったのです。


で、お寺の中での事がまた良いんですね〜。
感動しちゃったんですね〜。
これは、政治とか事業に関係ない事だから報道されていないかも知れないんですが
知り合いのお寺の方が教えてくれたんです。

まず、お寺の方では、
偉い方を迎えるので、赤い絨毯を敷こうとしていたらしいんですが

「神様のいる神聖な所では皆平等ですので、皆と同じでお願いします。」
とプーチン首相。


そして、生き仏イチギーロフとの面会もされたそうです。
これがですね、約20分もされていたそうなんです。
その後別棟で休憩され、
そして、帰る時です、
「お別れに挨拶をしてきます。」
と首相。
何も言わず、ただ座っているお坊さんに挨拶をしに行ったのです。

こういう事ってなかなか報道されませんでしょうから
きっと本心から挨拶をされに行ったのだと思うのです。
このエピソードを聞いて、
プーチン首相って、とっても人間的だと僕は嬉しくなってしまったのです。




今回は超個人的な感想でした。

おわり。
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-15 00:43 | Comments(4)

11日
今日、ウラン・ウデに二人の人が来た。
一人は日本人。
もう一人はロシア人。
日本人の人は、歌を歌って世界中を旅している人。
少しの荷物と少しのお金を持って
いろんな所で歌を歌う。
飛行機にも汽車にも乗らず
ウラジオストックからモスクワ、そしてもっと
西までヒッチハイクで移動する。
明日はどうなるのか分からずに。
この人は自分で歌を作る。
人生で自分の経験を通して思った事を歌にする。
だから、歌が真に迫っていると言うか
嘘が無いと言うか、、
ようするに本当の事なので心を打つのだ。
それで、その歌の一番大切な所は結局人生の価値なのかな、
なんて僕は勝手に思っていた。
歌の中でたびたび出てくる言葉は、
”人との出会い”
”別れ”
”今”
と言う事。
一期一会だな。
お金という価値に囚われず生きてきた人の歌に、
僕は感動すると同時に強く共感した。
小さな地元の博物館に、多くの人が集まり、
限られた、奇跡的な一瞬を一緒に過ごした。
皆の顔は、優しさに溢れ、そしてそれぞれの家に静かに帰って行った。
僕も、心がぽかぽかと温かく、
なんかとても幸せな感じがしていた。


帰り道、雨が少し降ってきた。

本物の春が来た証拠だ。

もともと雨が降らない町ウラン・ウデ。

雨に降られながら
「あたま!はげるな!」
と思いながらニコニコ笑う。

夜、一人でニヤニヤしている僕は相当に不気味なんだろうとも思いながら。


もう一人、ウラン・ウデに来た人。
ウラジーミル・ウラジミーロビッチ・プーチン。
そうプーチン大統領です。
町中凄い警戒態勢。
そりゃそうだ、ロシアの大統領がここに来るなんて滅多にある事じゃない。
ロシアのテレビでもニュースでやっていたみたい。
ペルミに住んでいる妻の両親も知っていた。

劇場付近の町の中心地は交通閉鎖。
警官が街角街角に立っている。
警官もピリピリしている。

警官が町の人に怒鳴っている。
町の人は「怒鳴らないで!」
と怒鳴っている。
警官は「怒鳴っていない!」
と怒鳴っている。
僕は「怒鳴っている。」
とすれ違い様に言った。
警官が「小僧め!」
と言っている。


ウラン・ウデに二人の人が来た。
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-12 01:18 | Comments(4)

10日
ああ、ここウラン・ウデにもやっと春が来た。
ううう、、
帽子をかぶらなくても良いなんてなんて幸せなんだろう。
ああ、凍った道が無く、
滑る事を気にしないで歩けるなんて
信じられないぐらい幸せ。


そうだ、日本は新学期なのですね。



良いスタートになりますように!!!
[PR]
by ibashika201107 | 2013-04-11 00:47 | Comments(3)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧