<   2011年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

8月30日
僕は、モスクワのバレエ学校を卒業(正確に言うと僕は卒業していない)後
ロシアバレエ団というところで働いていた。
(1991~1994年。結構激動の時代だった気がする。)
その頃のロシアバレエ団は自分の劇場を持っておらず、
モスクワや、ロシア(ソビエト)の各地、
世界各国の劇場やコンサートホール、スタジアム、野外劇場などで公演をしていた。
本拠地はモスクワのアフタザボートスカヤというメトロの近くにある
文化会館で稽古をしていた。

現在は、どこの稽古場も舞台もリノリウム(バレエ用に床に敷く物)があるのは当然になっているけど、
その当時は、リノリウムなんてどこにも無かった。
床は木。
しかも、デコボコ。
しかも、ささくれだらけ。
滑るし、デコボコだし、ささくれがお尻に刺さるし。
(お尻に刺さったささくれをお互いに抜きあっていた事、鮮明に覚えているぜ)
でも、僕は木の床が好きだった。
働いていたのは3年間と短かった(比較するとだけど)が、
この期間には、思い出がとても濃厚に詰まっている。
千野真佐美ちゃんと佐々木大君と僕の仲良し日本人3人組。
数々の公演。
いろんな国に行って、いろんな物を見たり、
いろんな経験をしたり。
奥さんと出会ったのもこの時期だし、
マフィアに絡まれたのもこの時期。
ビザなしで国を出たり、
外人登録の期限が切れていて警察に捕まったり、
法定伝染病にかかったり、
足を捻挫して1ヶ月踊れなかったり、
それが治ったらすぐに手の骨を折ったり、
コンクールで賞をもらったり。
良い事も、悪い事も、
楽しい事も辛い事も沢山あり、
喜んだり、悲しんだり。
若かったから感受性が強かった。
何にも勝るぐらいの、有り余るほどのやる気があった。
あの様な時期は二度と来ないんじゃないかとも思う。
大きな理由には、あの国にはもう戻れないという事。
100パーセント戻れない。

今日、その建物に妻と長女と3人で行った。

そこにはもうロシアバレエ団はなかったけれど、
約20年前の事を、妻と二人で思い出しては懐かしがっていた。

今年から、長女がここにあるバレエ学校に通う事になった。

時代が流れていく。
若いと思っている僕らだって年をとっていき、
若い人たちが頑張ってどんどん成長していく。

時代が流れていくんだ。


僕は、一昨年亡くなってしまったバレエ学校での
恩師ボンダレンコ先生の事を思い出している。
[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-31 00:56 | Comments(2)

シーズンがもうすぐ始まる。
昨日久しぶりにボリショイに行ってきた。
昼の3時頃だったと思う。
「もうすぐ、シーズンが始まるので皆稽古してるんだろうな〜」とか、
「活気があってざわざわしてるんだろうな〜」とか思っていたら、

誰もいない。

、、し〜ん、、、、としてる。

「変だな〜?」
「昔は皆、休みの日にも稽古してたのにな〜。」
と意外だった。

その後、用事があったのでバレエ学校に行った。
そこで何人かの団員に会ったので
「今日さ、ボリショイに行ったらさ、だ〜れもいないの。
昔はさ、皆稽古してたよね〜。」
と言うと。
「稽古は12時からで、いっぱい来てるよ。」
だって。


へへへ、、、

ただ単に、僕がサボってただけなのね。


団員の皆さん!
偉いでござる!!!
[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-30 03:03 | モスクワ生活 | Comments(3)

おばあちゃんの座卓と、おとうさんのちゃぶ台
今回日本から持って来たものは、今は亡きおばあちゃんの座卓。

長女マリヤは、大の日本好き。
モスクワの彼女の部屋には、
畳が無いのでござを敷いた。
そこで欲しくなったのがちゃぶ台。

家族の団欒。

日本のお茶の間。

ちゃぶ台。

しかし、こんなに素晴らしいものがモスクワには売っていないの。

ぐすん。

日本から持ってくるほかない。
と、昨年は日本でちゃぶ台を探しまわった。
家具屋に行ったり、インターネットで見たり。

ちゃぶ台=日本。

さすがに日本。
いろいろな、ちゃぶ台がある。

しかし、である。
ところが、である。
僕の理想的なちゃぶ台が見つからないのだ。
あるのは小さくて、安っぽくて、へろへろで、ちゃちで、すぐ壊れそうで、かっこわるいやつか
頑丈だけど、どでかくて、重いやつばかり。
しっかりした木で、適度な大きさで、重くもなく軽くもなく、折り畳めてコンパクトになり
持ち運びにも収納するのにも優れていて、かっこいいちゃぶ台。
そんなのが、どこにもないのだ。

僕は、がっかりした。

が!

神様は、僕の味方。

そんな僕の理想のちゃぶ台があったのだ。
それは、とてもとても古いちゃぶ台。
僕のお父さんのちゃぶ台。
おとうさんの子供の頃からあるちゃぶ台。

彼は、若い頃から何回も何回も引っ越しをしていたらしい。
もちろん引っ越しをすると、捨てる物や置いてくる物が多くある。
まして、家具ならなおさら。
しかし、このちゃぶ台だけは
なぜか、いつも持ってきたそうなのだ。
という事なので、このちゃぶ台、余裕で70才を越している。
しっかりしていて、ちょうど良い大きさ。
全然豪華でもないしリッチでもない。
ごく普通の物。
でも、何とも言えなく素敵なちゃぶ台。
とても良い木を使い、
良い大工さんが心を込めて作ってくれた。
そんな気がする。

たぶん、星飛雄馬の親父がひっくり返しても壊れないであろう。
そんな気がする。

それを、昨年日本から持って来たので
今度は、その隣に座卓が欲しくなった。
座卓こそモスクワには売っていない。
だから、今年の夏は日本で座卓探しをした。
そして、今度もまた同じ事の繰り返し。
座卓もないのである。
いや、座卓はある。
沢山ある。
でも、ちょうど良いのが無いのだ。
小さくて、へろへろで、とても座りにくいものか、
大きすぎて置く場所が無いほどの物ばかり。

がっかりし肩を落として、家に帰って来ると
母が言った。
「おばあちゃんの座卓があったんだけど、
もう使わないかと思って捨てちゃったかな〜?」

そして、母は隣の家に行き、しばらくしてその幻の座卓を手にして帰って来た。

それは、とてもボロい物だった。

ボロくて、かっこ良くて、コンパクトで、頑丈で、軽くて、めちゃくちゃ座りやすい、おばあちゃんの座卓。
これは、おそらくおとうさんのちゃぶ台よりも古いであろうと母は言う。
その座卓は、スーツケースにもすっぽりと収納できてしまった。



僕は、なぜか?と思うのだ。
なぜ、昔の物はこんなに良いのだろう?
大きさとか素材とか、まねして作ればいいような物なのに、、。
今のは一見して綺麗だけど僕には良いと思えない。

そして、それはなぜか僕のバレエの教育への疑問にも繋がった。
そんな話をしていると
ある人が、こう言っていた。
「今は、とにかくコンビニの時代なんですね。時間をかけないで簡単で安いものが流行っている。」

しょうがないんだな。
時代だから。
良いも悪いもぐちゃぐちゃなんだ。

でもですね、超一流の人がこう言っていたんです。
「みんな、そろそろ偽物に飽き飽きしてるんです。そろそろ本物の時代が来ますよ。」
って。
c0151783_2311827.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-28 23:08 | Comments(9)

バカンス終了
あっっっっっっっっっっっっっと言う間の2週間。
そうでなくても時間が経つのは速いと思っているのに
遊んでいるときの時間の過ぎ方は特別速い。
でも充実した良い時間。
身も心もリフレッシュ。
さあ、これからやる事がいっぱいある。
やる気もいっぱいある。
むむむ!
よーし、や〜る〜ぞーー!
c0151783_17554797.jpg
[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-28 17:58 | Comments(4)

ジャンプ
c0151783_23184238.jpg

[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-28 15:18 | Comments(1)

c0151783_23174045.jpg

[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-28 15:16 | Comments(1)

オラ!!!!
c0151783_23152469.jpg

[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-28 14:14 | Comments(1)

オーレー
c0151783_23135642.jpg

[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-28 13:13 | Comments(1)

8月25日
この頃遊びすぎ。
字、少なすぎ。
写真、多すぎ。
ごめんなさい。
c0151783_719940.jpg

[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-25 07:19 | Comments(8)

トカゲ
この島にはトカゲが多く生息している。
僕らの部屋にも小さいやつが入ってきた。
c0151783_7171395.jpg

[PR]
by ibashika201107 | 2011-08-25 07:17 | Comments(3)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧