<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

エカテリーナ・セルゲイブナ・マクシモワ
マクシモワが死んでしまった。
昨日突然知らされて言葉が出なかった。
友達は日曜日に彼女をボリショイで見かけていたし、
明日のリハーサルにも彼女の名前が書いてある。

マクシモワはソビエト、ロシア・バレエの大スターだった。
世界的にも凄く有名なバレリーナ。
バレエ関係者にとってもダンサーにとっても、
もちろん僕自身にとっても彼女は憧れで、目標で、希望だった。
可愛らしくて、優しくて、綺麗で、女性的で、品があって、
知的なバレリーナだった。

ダンサーを終えた後は教師として沢山の素晴らしいダンサーを育てていたし、
コンクールの審査員長などもやっていて、とても信頼されていた。

彼女が急にこの世を去ってしまい、
その事が、どんなに大きな事なのか考えもつかない。
この世から急にバレエがなくなってしまったみたいなものかもしれない。

明日10時からボリショイでお葬式が行われる。

マクシモワとの最後のお別れ。

でも、彼女は僕らの記憶の中に永遠に生きている。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-29 19:50 | モスクワ生活 | Comments(9)

Greece
Konnitiha minasan.
nihongo ga kakenai node ro-maji de kakimasu.
ima boku ha girisha ni imasu.
kinou buji ni kouen ga owarimasita.
korekara hikouki ni notte moskuwa ni kaerimasu.

girisha ha yoi tenki desuyo!!
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-27 16:13 | バレエ日記 | Comments(11)

娘に日本から持ってきてもらった
とうもろこしとかぼちゃの種を植えた。
植えてから3日目。
小さな芽が出てきた。
c0151783_2145986.jpg(白い、もやしのようなものが芽です)
すごいな~、こんなに小さい種から
大きなとうもろこしができるんだ。

しばらくしたら、別荘の庭に植え替えよう。
日本の美味しいとうもろこしがモスクワで食べられるかな?

今日の夜中からギリシャに公演に行ってきます。
2回公演をし、28日にモスクワに帰ってきます。
帰ってきたら、また更新をさせていただきます。
では、28日までさようなら。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-23 21:57 | モスクワ生活 | Comments(9)

モスクワバレエ団20周年
モスクワというバレエ団がある。
以前ハッジャ・ナスレジンというバレエを上演し、
僕も出演させてもらったので、このバレエ団とは縁がある。
このバレエ団が今年で20周年を迎えた。
今日はその記者会見があり、僕も出席した。
記者会見では、これまでのバレエ団の経歴や方針
これからの予定などの話をした。
僕も一言、モスクワバレエ団について発言をしたけれど、
あんまり上手に言えなかった。
事前に言う事を考えていたけれど、
終わってから、もっと言わなければならない事が沢山あったのに気付いた。

何はともあれ無事に記者会見は終わり、
パーティーが部屋を移って行われた。

このパーティーが僕にとって、とても楽しく、勉強になり、勇気をもらい、
納得をし、僕の信じている事の確認になり、嬉しかった。

話をしたのは作曲家、指揮者、振付家、経営者それと僕。

皆の言う事は、とっても、とっても良い事のオンパレードで、
書きとめておかなかったのが残念なぐらい。

覚えているのはくだらない事。
でも僕はその言葉に非常に納得しそして勇気をもらった。

下品な言葉で申し訳ないけれどここに書きます。

「芸術をやるのならクソの中にいると思いなさい。」

ちょっとつらいな、
でも、いいな。
そう、これで良いんだ。
夢を持っている人は沢山いるんだ。
信じて突き進もう!
エイエイオ~~!!!
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-23 04:06 | モスクワ生活 | Comments(5)

ラディウス
朝の稽古の後、
時間があったので、別荘のガス代を払いに行く事にした。
冬の間中、建物を暖めるために、
ガス暖房をつけていたので結構な額(僕にとっては)になっていた。
道が空いていたので早く着き、ぱっと支払いをし、
別荘に向かう。
外は0度。
でも、温まった車の中からは、外の寒さが嘘のよう。
c0151783_3165330.jpg





夜中には-4度になるらしい。

別荘に着くと、冬の間、開ける事が出来なかった門が開いたので、
車を中に入れ洗う事にした。

風がすごい!!
僕まで飛ばされそうだ!
ふと、横をみるとプールが飛ばされぐちゃぐちゃになっていた。
c0151783_3261096.jpg
僕一人では動かす事が出来なかったプール。

自然の力はすごい!!


気を取り直し洗車を開始!
ワックスもかけピカピカだ!
c0151783_3342189.jpg





へへへ、飴みたい。

洗車を終えると急に足元に犬が現れた。
お隣さんの犬、ラディウスだ。
ラディウスは大きなシェパード。
始めは何か怖かったが、
様子を見ていると、とっても優しく人なつっこい事が分かった。
棒を投げると喜んで走って取って来た。
しかし、棒を絶対に返してくれない。
追っかけたけれど速いのなんの。
久しぶりに犬と遊んで超リラックス。
帰りの夕焼けがまたとても綺麗だった。
c0151783_3434776.jpg
マーラーの音楽を聴きながら、ゆっくりと車を走らせた。

明日は忙しい日。
良い日になるといいな~。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-22 03:50 | モスクワ生活 | Comments(5)

おかえりなさ~~い!!
もう二日前になるけど、僕の二人の娘が日本から無事に帰ってきた。
10日間の日本旅行。
二人ともちょっと背が伸びたみたい。
日本では10日間でいろんな経験をしてきたらしい。

僕ら夫婦は、いつか子供たちに日本の桜を見て欲しかった。

何とかぎりぎり、彼女達が日本に着いた日に桜を見れたそう。
その他、箱根に連れて行ってもらったり、
ディズニーランドに連れて行ってもらったり、
色々買い物をさせてもらったりして楽しい事だらけだったみたい。
「日本では何が美味しかった?」と聞くと、
「日本は何でも美味しい!!」と嬉しそうに答えた。
「お寿司とかお蕎麦とか?」
と僕が聞くと
「うん、えびドリアとか!」


子供たちが生まれた時から、
僕は子供たちに日本語を喋ってもらいたかった。
だから、いままで自分の子供とは日本語でしか話さないようにしてきた。
周りがロシア語しか話さない中で、
僕が一人で子供に日本語を話し続けるのは辛い時もあった。
自分が馬鹿みたいに感じられた時もあった。
でも、子供たちが大きくなって話が出来るようになると
今度は妻が、かわいそうな時が出てきた。
僕たちの言っている事が分からないから。
(内緒話をする時はとっても便利ですけど)
でも妻はそんな事も分かってくれ協力してくれた。

今、子供たちは二人で日本に行ってきた。
そして皆と仲良く生活をしてきた。
僕が子供に日本語を喋ってもらいたかった、
大きな目的の一つなのだった。

僕は、とっても嬉しいのです。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-21 04:47 | モスクワ生活 | Comments(10)

オーケストラのコンサートに行って感動した事。
先日ある方にご招待をしていただき、
オーケストラのコンサートに行ってきた。

音楽のコンサートは久しぶり。
楽しみにしていたたけど、こんなに感動をするとは思ってもいなかった。
指揮をされたのが日本の女性の方で
ロシアのオーケストラを指揮するなんて凄いな~と感激だった。

僕はボリショイのオーケストラの人達を何人も知っている。
オーケストラの人ってくせものが多いのだ。

コンサートは3部構成で、どれも綺麗なメロディーだったので本当に楽しかった。
その中でも2部に演奏したバイオリンの人にはびっくりした。
その人が演奏したとたん僕は全身に鳥肌が立った。
自分の無恥が恥ずかしいが、とても有名な人らしい。
でも、はっきり言って僕にはその人がどんなに有名かなんて関係なかった。
有名な人の演奏を聞いたこともあるけれど、
こんなに感動をしたのを僕は覚えていない。
決して容姿が良わけではないと思うが、その人はとってもかっこ良かった。
音が外れようが(意識的にやっているのか、
そんな気がしただけか分かりませんが)、
鼻息が大きかろうが、
お客様がくしゃみしようが、
電話の音がしようがそんなのどうでも良かった。
かっこをつけているわけではない、全身全霊で演奏しているんだ。
僕は、込み上げる涙を一生懸命我慢していた。
音楽って素晴らしいな。
芸術だな。
ブロツキイの言っていた事なんだ。
それは、人にまねの出来ない演奏。

この人自身。

芸術(いろんな意味で)に会えた時、
自分自身の人生を生き抜いている人に会えた時、
それはとても素敵な幸せな瞬間ですね。
c0151783_4412417.jpg




劇場から見えた夕日が奇跡のように美しかった。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-20 04:53 | モスクワ生活 | Comments(7)

僕が悪いわけじゃないとは思うのですが、、、
今日は黄金時代に出演してきました。
踊りに関して自分ではやれるだけのことはやったと
後悔は無かったのですが、
ちょっとした、というか結構なハプニングをやってしまったのです。
現在は舞台の床にリノリウムを敷いて踊るのが普通ですが、
ボリショイは床に布を敷く時があるのです。
今回の舞台でも布を敷いていたのですが、
僕がその布を靴の踵に引っ掛けびりっっと破いてしまったのでした。
舞台中央の右後方に40センチぐらいの三角形にやぶけた布の下から黒い床が見え、
布がびろびろとくっついていたのでした。
悪気があったわけでも、不注意でもないのに
やっぱり僕がしてしまったので皆に悪い気がして、、。

あ~~あ、落ち込むな~。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-19 05:39 | バレエ日記 | Comments(6)

黄金時代
今日はボリショイで黄金時代に出演します。
実はあまり踊る所の無い役なのでリハーサルをしたのは一回のみ。
どんなに小さな役でも精一杯やらなければならないのに
こんなに少ないリハーサルでは、お恥ずかしい限りです。

順番を間違えないようにしなきゃ、、、。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-18 20:57 | バレエ日記 | Comments(2)

ヨシフ・ブロツキイ
2000年にある方からいただいた、
小さな本がふと僕の目に付いた。

”私人”
ヨシフ・ブロツキイ
沼野充義訳

ノーベル賞受賞講演の本。
「むむむ、難しそうな本だ。これを読んだら少しはおりこうさんになるかな?」
と思い読んでみる事にした。

僕がおりこうさんになったかどうかは分からないけれど
とても感銘を受けた事が書いてあったので
ここに抜粋してみます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もしも、芸術が何かを教えてくれるとすれば、
(それはまず第一に、芸術家自身に教えてくれるということですが)、
それはまさに、人間存在の私的性格でしょう。
芸術はもっとも古い―そしてもっとも本来的な意味で―私的活動の形態であるがゆえに、
どう転んでも結局、自分が個別で、独自な、
二つとない存在であるという感覚を持つように人間を鼓舞し、
人間を社会的動物から個人へ変身させるのです。

中略

ともかく人間に課された仕事は何よりもまず、自分自身の人生を生き抜くこと。
外から押しつけられた人生、指示された人生は、
それがどんなに上品に見えるものでも駄目なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


僕が中途半端に略させてもらったので、
この人が言いたい大切な事が伝わったか心配ですが、
僕はこんなふうに言葉で説明するのって凄いな~と思ってしまいました。

人生の意味。

僕には、どんなに考えても分からないのかも知れない。
[PR]
by ibashika201107 | 2009-04-17 22:36 | モスクワ生活 | Comments(6)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧