ザカーミンスク
地方公演途中の景色、会館、町並み(町の中心地は日本人抑留者の方々によって建てられた建物が並んでいます)















■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-24 00:55 | Trackback | Comments(1)

地方公演。
ただいまザカーメンスクというところに地方公演に来ています。
ウラン・ウデからバスで約8時間。
ここでは、なかなかバレエを見る事が出来ないようで、連日満員のお客様が見に来てくれています。
周りは山に囲まれているとても良い所です。
今日のコンサートには、僕も出演。
コンサート後は、客席総立ちで、拍手喝采。
お客様が喜んでくれた事がやはり一番嬉しい!
今日は、マイナス6度。
明日はプラス11度になるそう。


晴れているのに
不思議な事に、星があまり見えないんです、、。
■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-22 00:36 | Trackback | Comments(1)

刀作り イン モスクワ
ジャジャーン!
はい、再びモスクワに来ていています。
なんで、またモスクワに来たのかと言うと
今回の目的は、モスクワで開催される
日本刀の鍛錬を見る事。
日本刀を作るところなんて、
日本でもなかなか見る事ができませんよね。
それを、モスクワで見る事が出来るのです。
今回は、日本から4名の刀鍛冶が来て
すべて手作りでやります。
現代は、機械を使って鍛えるのが
大半らしいので
この事についてもとても貴重な事みたいです。
僕は、開会式のセレモニーで一曲バレエを踊らせてもらい、その後お茶の会でご馳走になり、その後刀作りを見学させてもらいました。
もともと刀を作るところを見てみたかったので興味津々だったのですが、こんなに面白いとは思っていませんでした。
始めの儀式や、
火を起こすところ、
もちろん刀を鍛えるところ、、、
重さ7キロの金槌でおもいっきりぶっ叩く!
火花がちる!
僕の頬にもバチン!と当たる。
うしししし。
刀鍛冶の4人の呼吸がピッタリと合い
リズミカルに鍛えられていく。
男のロマンでござる。
鍛える時間はそんなに長くない。
その他の時間は、炉で熱せられる。
炉への空気の送り方で温度の調節をしているようだ。
どの位鉄が温まったのか温度計で測る分けではない。すべて鍛治さんの感覚だけだ。
修行と感性。
刀作りとは、まさに魂を吹き込む事なのだ。
僕は、鍛治さんに聞いた。
「自分の子供を作っているようですよね。」
すると鍛治さんは、
「自分自身のようです。」
と答えた。

う〜〜!!

これぞ本当の男のロマンなのだ

かっちょいいぜ!


18日までクラスナヤ、ブレスニャ パークで行われています。会場は公園の中の島。

モスクワにいる方は、是非!!

Парк
"Красная плесня"
ул. Мантулинская . Д.5





■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-16 01:06 | Trackback | Comments(3)

尊敬する人
クラスノヤルスクからモスクワへの飛行機の中で
バシュチェンコ先生とご一緒した。
彼は、元ボリショイの大スターで現在はオデッサの芸術監督を務めている。
オデッサはウクライナの大都市で、
そこにあるオペラ劇場は世界で最高に美しい3つの劇場の中の一つとされている。
3つとは、パリのオペラ座、ウィーンのオペラ劇場、そしてオデッサのオペラ劇場。
ご存知の通りウクライナは戦争中だが、
オデッサは、まだそこまでひどくないらしい。
でも、それにしても治安は良くなく
現状は日本やロシアで報道されていない様な事が
起こっているそうだ。
彼の話を聞いていると、瞬きが出来ないような事が日常で起こっている。
いったい誰を信じて、誰に気をつけなければならないのか?

そんな、オデッサに彼は戻って行った。
バレエ団の皆を残して行けないそうだ。

飛行機の中で彼が話してくれた戦争以外の
芸術面の事や、バレエ団を引っ張っていく心構えなど、
いろいろな事が心に響いた。
本当に素晴らしい指導者だと心から尊敬する。
オデッサの団員達はとても幸せなのだろう。
僕もこの様な指導者になりたいと目標を持たせてもらった。

飛行機から窓をのぞくと雲の上に丸い虹が出ていた。












■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-14 03:13 | Trackback | Comments(3)

クラスノヤルスク、バレエコンクール終了。
昨日、3次審査を終え夜中1時に結果発表が行われた。
グランプリ受賞者も出てとてもレベルの高いコンクールでした。
コンクール終了翌日の朝からのレッスンにダンサーが休まずに参加。
これぞ本当のアーティスト!
今晩のガラコンサートでも素晴らしい踊りを見せてくれると期待しています。

レッスン後、僕はテレビのインタビュー。

5日間の、国際バレエコンクールを含むバレエフォーラムがもうすぐ終了します。

素晴らしい懐かしい友人との再会もあっという間に過ぎ、
再びもとの生活に戻ろうとしています。

とても素敵な時間でした。



■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-09 15:09 | Trackback | Comments(2)

クラスノヤルスクバレエコンクール2次審査
今日は、午前中のシニアの創作の審査をして、第2次審査が終了。
創作は、なかなか面白かった。
動きが良いものも見応えがあるけれど、
ストーリー性があるものに特に興味が持たれた。創作は、クラシックと違って枠にはまらない自由な表現が出来るので個性が出ている。クラシックバレエでは、ギクシャク感が目立っていたかな。
今日の午後は、3次審査。
やはり海外のコンクールはハードだ。
明日は、コンクール出場者の為のレッスンを担当する。



■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-08 17:50 | Trackback | Comments(1)

クラスノヤルスクバレエコンクール
ただいまクラスノヤルスクで国際バレエコンクール開催中。
日本人も2人出場。
頑張ってます。
今回のコンクールには、何人も他のコンクールで賞を取っているダンサーが出ていて、とてもレベルが高いです。
審査員長は、ゴルデーエフ。
本当は、グリゴロービッチが来る予定だったのですが、残念ながら来なくなってしまいました。
他の審査員は、ピサレフ、バシュチェンコ、イワノフ、クゥィルプ、バブロブなどロシアバレエの有名人が続々集結。

■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-08 11:30 | Trackback | Comments(0)

お父さん、お母さん、僕を産んでくれてありがとう!
今日で、44歳。
皆さん、いつも応援してくれて、ありがとうございます!

これからも、元気いっぱい頑張ります!

今後ともどうぞよろしくお願い致します。





■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-06 03:06 | Trackback | Comments(8)

講演、そしてコンクール。
ただいま、サンクトペテルブルクにいます。
これから、クラスノヤルスクに行ってきます。
サンクトペテルブルクでは、素晴らしい経験をさせていただきました。
後日、更新させていただきます。
■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-10-05 01:05 | Trackback | Comments(1)

日本映画祭・イン・ウラン・ウデ
日本映画祭がウラン・ウデにて開催。
もう、客席満杯。
日本はウラン・ウデでも超大人気なのだ。
ハバロフスクから日本総領事もいらしてくれて、
良い映画も持ってきてくれて、
フェスティバルは、大好評でした。

■  [PR]
# by ibashika201107 | 2014-09-30 02:10 | Trackback | Comments(2)
< 前のページ 次のページ >


岩田守弘のオフィシャルブログです。
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
海外生活ランキング
アーティストランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite