「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!


モスクワの交通状態😩
空港へ向かうモスクワの道。
あ〜〜あ、
あ〜ああ、
あああああ〜、
あ〜んま〜り〜だ〜〜〜。
凄い渋滞!

もう、1時間はノロノロノロノロノロノロノロノロノロノロノロノロ。

時間に余裕をもって出てきたが
だんだん危機感が迫ってきた。

あ〜あ。
も、す、く、わ、わ、わ、わ。

明日、ウラン・ウデから更新出来ることを祈って、、。
c0151783_23295355.jpeg

[PR]
# by ibashika201107 | 2016-08-26 23:23 | Trackback | Comments(0)

さて、そろそろビシッとしなきゃ。
今日は、モスクワ最終日。
明日出発で、明後日からウラン・ウデ。
ウラン・ウデに着いたらシーズンスタートだ。
と言うことで今日が夏休みの最終日となる。
今は、車の修理をしにトヨタセンターに。
さすがトヨタだ、サービス、ベリーグッド!
ま、ちょっと高いですけどね。

これが、終わったら家に帰って荷物作り。
今年から、妻もウラン・ウデに移るので
結構な量の荷物になりそう。

妻が、来ると言うことで
ウラン・ウデにバレエスクールを開校することになった。
着き次第オーディションを行う。
初めてのことですが、今年は50名以上の応募があり
どんな子供達が集まってくれたのか、とても興味深いです。
妻は、バレエダンサー引退後、教師を10年以上続け、その経験が今回も活かせるよう僕らがサポートをしなければならない。

妻は、厳しい。

厳しいながら優しいところもあって
生徒には尊敬されているようだ。

モスクワで、彼女のクラスを見学した時に
特に感じたのは、生徒以上に父兄とのコンタクトが取れている事。

これは、僕の母が言っていた三身一体なのだ!

母の経験上では、上手な生徒が育つ時、
この三身一体がなされているらしい。

先生だけでも、
生徒だけでもダメ。
やはり親の影響は、それに等しい程ある。
別に、家に帰って手取り足取りやる訳ではない。親が理解し、評価し、一緒になって喜び、または悲しみ、心から応援し、そして尊敬する。これがあると子供は俄然やる気が出て頑張る。何事でもそうだけど情熱が大切。

今年の夏、日本に帰っていた時母の部屋から1通の手紙が出てきた。
1990年僕がソ連に留学した時に書いた一番初めの手紙。
文は下手で言葉使いも酷い。
でも、最後にこう書いてあった。
「鬼のようにバレエが上手くなりたいです。」

26年間、母はこの手紙を大切に持っていてくれた。

[PR]
# by ibashika201107 | 2016-08-25 15:34 | Trackback | Comments(3)

モスクワ
岩田バレエスクールの発表会は、無事終了。
多くのお客様にいらしていただき
嬉しい嬉しい嬉し〜〜いですです!
自分の踊りについては、最近年齢の事を特に気にしていましたが、
フッと吹っ切れた感じがしたのです。
それは、岩田バレエスクールのみんなの気持ちを感じ
一つの舞台を作り上げる事が出来た安心感と言うか、
感動と言うか、何かの達成感だったのだと思うのです。

今回の日本帰国は、自分にとってのあらたな発見や、
成長を感じました。
それもこれも、やはり素敵な方々にお会い出来て
刺激を受けさせていただいたお陰と思います。

さて、充実した日本での日々を後に
再びロシアへ。

僕は、ロシアの住民票を持っているのですが、
期限が来たので手続きをしに行ったのですが、、

う う う、、、

しかし、いつになったら
ここのシステムはちゃんとするんだ!!!

ロシア!
たのむ!
早くちゃんとしてくれ〜〜!

久しぶりに、勘忍袋の尾が切れたぜ。

どこにも、ぶつける事の出来ない怒りを抱え
ソビエト時代を思い出す。
そう言えば、こんな事がしょっちゅうあったな〜。

懐かしんでいる場合じゃないのですけどね。



家に帰って来て、テレビをつける。

パラリンピックのロシア選手団の
出場停止処分の事がニュースになっていた。

それにしても、いったいどういう事なんだろう?
大体、常識的に考えたってあり得ないんだけど、、。

僕は、ロシアに長く住んでいるので、
なんとなく分かるのですが、
選手全員にドーピングさせるなんて不可能。

ましてや、証拠もないなんて、、。
あまりにも理不尽。

ほんと、スパイ映画の見過ぎだと思う。

選手達が可哀想だし、人間的に考えられない。
オリンピックやパラリンピックは、
聖なるスポーツの祭典のはずじゃなかったのだろうか?

それにしても、決定したのが全員一致と言うのも驚きだし、
世界中の人達が黙っているのも驚きと共に残念。

こういう事に全く疑問を感じないのは、
とても危険な事だと思うのです。

そう言えば、昔、アメリカがどこかの国で戦争した時も
テレビで言われた通りに正当化してた事もあったしな〜。

偏った情報は、大変に恐ろしいですね。


さて、27日からまたウラン・ウデへ。
5年目のシーズンスタート。
今年も、気持ちを新たに頑張ります。

目標は、"初心を忘れずに" です!

よっしゃー!!!

[PR]
# by ibashika201107 | 2016-08-22 02:26 | Trackback | Comments(0)

8月17日 岩田バレエスクール発表会
第36回発表会

川崎市教育文化会館 大ホール

開場15時 開演15時30分

今年も、恒例の発表会が間近に迫ってまいりました。

小さい子供から大人まで、
バレエが大好きな生徒さんたちの踊り。
僕もここでバレエを始め、
ここで育ててもらったバレエが大好きな生徒として
第3部のライモンダに出演させていただきます。
45才にして、新たな役にチャレンジ!
パートナーは、1993年のモスクワ国際バレエコンクールで銀賞を受賞した姉。
毎日レッスンとリハーサルに励んでおります。
あと、何年踊れるのか?
どこまで体が保ってくれるのか?
そんなこと考えずに、全力で踊りますぜ。
なかなか日本で踊る機会が少ないので、
多くの方に観てもらいたい!
皆さん、是非いらして下さい!
発表会ですので遅くいらしていただいても全然大丈夫ですよ。
c0151783_00242642.jpg
c0151783_00244688.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2016-08-14 00:05 | Trackback | Comments(2)

8月9日
僕には、以前のようなジャンプ力はないと書きましたが、
それにも勝る宝物がある。

それは、友達。

他力本願になってはいけないと分かっていますが、
分かり合え、理解し合える友達は、
やはりかけがえのない宝物です。

感謝!



[PR]
# by ibashika201107 | 2016-08-09 23:46 | Trackback | Comments(2)

日本で今、思うこと。
「体って不思議だね。」
僕の信頼する洗足駅の治療師の深沢先生がいう。
「こんなに硬くなっちやうんだから。」

僕は、「本当ですね。」
と言ったが、
意味は逆。

なんであんなに硬くなってしまったのかは
分からないけど、
僕の体は恐ろしく硬くなってきていた。

結構自分ではストレッチやトレーニングの
努力をしたんだけど、
どうする事も出来なかった。

体が硬くて痛くて練習をする気になれない。

体は、練習を怠るとダメ。感覚が鈍る。体力も落ちる。柔軟性も無くなってくる。

昔は、稽古なんて1カ月くらいしなくても
2日で元に戻した。

でも、、、今は、、。

稽古のやりすぎもダメ。
調子がいいなと思っていてもいきなり怪我をする。
怪我と言っても自分の不注意で怪我したとかではなく、いきなり筋が切れたり筋肉がつったりする。情けないけど年なのか?と考えざるをえない。それがさらにモチベーションを下げる。
、、、悪循環。

を、深沢先生が治療してくれたら
俄然良くなってきたのだ!
全快とはいえないかもしれないけど、
まだもうちょいできるかもって思えてきた。
(アデランスをつけたら完璧!)

先生に、「あの体の状態がどうやったらここまで良くなっちゃうの?」って思って言った「本当ですね。」だったのだ。





さて、
先日は、大阪で開催されたバレエスーパーガラに出演させていただいた。

大親友の松田敏子さんと小嶋直也君の主催。

コンサートは、若者からベテランまで幅広いダンサーが出演し、とても刺激になる素晴らしいコンサートだった。この様な会を開催してくれ、出演させていただいたことに感謝です。

小嶋直也君は、同世代で小さい時から一緒に頑張ってきたライバルであり親友。
今でももちろん素晴らしいダンサー。

、、、でも、、、

若い時は、もっともっと凄かったんだ。
客があっと息をのむくらい凄かった。

しかしながら、残念ながら、、
僕らは確実に筋力も体力も気力も落ちてきたのだ、。

でも、僕は、今回、また、最高の友の踊りを見て涙が出てきてしまった。
そこには、踊りが大好きでたまらない男がたっていた。プライドも何もいらない真の芸術家だ。いや、逆にプライドのかたまりなのかもしれない。

彼の踊りを見て、僕の目には本当に本当に熱い涙が溢れてきた。

涙の中には、
若かった頃の怖いもの知らずの無謀でバレエキチガイだった僕らと、どこに行っても誰にも負けない自信のあった僕らと、どんな時でも"目指しているところは一緒だ"と信じあった僕らと、そして今の僕らが映っていた。





2、3日たって、僕は思った。
それは、間違っているかもしれないんだけれど、、。


全盛期の頃、

僕はどこに行っても、どんな舞台でも、
人を圧倒する自信があった。
でも、この事は、踊っている間は絶対に口に出さないと誓ったことだった。
観てくれたお客様がどう感じてくれているかが全てで、僕の自分の評価を押し付けたくなかったのだ。嫌味だと思うけど、はっきり言ってそのくらい自信があった。

でも、今はその自信がない。

実際に、
踊って人をビックリさせる事は出来ない。

悲しいけど、これが現実。

、、、。


今、

自分の出来る事は、いったい何なのだろう?


ただ、ただ、ひたすらに踊り続ける事なのだろうか?



さて、やはり僕はひねくれ者である。


僕には、新たに自分のやるべき事が決まったのです。
決まったのですがそれは言わない。

それが出来ているかいないかは周りが判断する事だから。


ただ、自分の事はさておき、

一言、若者達に言っておきたい事がある。

若者よ!
もっと熱くなれ!
なんで、そんなに冷たいんだ?
なんでそんなに、、。
みんな、実力があるんだから、
もっと誠実に、
もっと情熱的に、
もっと人間らしくしてくれ!

俺は、その為にみんなのサンドバッグになる覚悟がある。

ボコボコにしてイイよ。

でも、技術やスタイルだけの冷たい踊りは、しないでくれ。


以上。







[PR]
# by ibashika201107 | 2016-08-03 22:19 | Trackback | Comments(3)

日本に到着。
涼しいですね。


[PR]
# by ibashika201107 | 2016-07-22 00:54 | Trackback | Comments(4)

イタリア–モスクワ
イタリアからロシアに到着。
イタリア人は熱い。
食事が美味しい。
ワインも最高。

ラチアーノという小さな町でのコンサートも無事に終了。
町の真ん中にある広場に特設した舞台での野外コンサート。
この日は、コンサート前に少し雨が振り、
本番はとても寒かった。
9時開演で夜中約1時に終演。
僕も出演させてもらったのですが、大変に反省点の多い踊り。
ちょっと考える事があり落ち込み気味。
まあ、イタリアのおいしい食事に癒され、
温かい人達に癒されたので大丈夫。

短かったイタリア滞在を後に、
トルコ経由でモスクワへ。
イスタンブールの空港が心配だったのですが
いつもと変わらぬ賑わい。
町の中は大変だったらしいのですが。

明日は、日本へ出発。
久しぶりの日本。
楽しみです。
では。

[PR]
# by ibashika201107 | 2016-07-19 13:29 | Trackback | Comments(2)

バリー
コンクール終了。

創作部門では、日本人のダンサーが2位受賞。

アットホームなととても良いコンクールでした。

さて、シシリー島を後に、バリーに到着。

これから、約1週間のバレエサマーセミナーが開催され、
最終日には、ブリヤートの7名のダンサーが合流しコンサートが行われます。

このバレエセミナーは、友人のバレンチン・バルテス氏の主催。

彼は言います。

「ここはイタリアだから、半分仕事、半分バカンス。
根本的には、仕事というのは時間がある時にするもの。」

なのだそうです。

ということでぼくもイタリア流で行きたいと思います。

チャオ!




[PR]
# by ibashika201107 | 2016-07-11 23:54 | Trackback | Comments(2)

イタリヤ時間。

時間が聞いてくる。
「どうする?」
人は、答える。
「あ〜?」
時間が、答える。
「ん〜?」
人は考え、答える。
「ん〜〜。」
時間は、言う。
「あせらなくていいよ。」
人は、答える。
「うん。」
人は、しばらく考えて、
「お腹がすいたな〜。」
時間が、答える。
「ん。」

時間は、決して人をあせらすことをしない。


ここは、シシリー島。
イタリヤなのだ。
昼の1時半から4時までは、仕事なんかしない。
太陽が、暑すぎるのだ。
日曜日も、仕事なんかしない。
贅沢をするための、向上心があまりないように僕には思える。
だけど、人びとは、時間という宝物をたくさん持っている。それで心の余裕をたくさん買っているのかもしれない。心が開いていて
コミュニケーションが明るく楽しく、そして熱い。ここには、独特な哲学がある。それは、僕にはマネのできそうにない素敵なもののような気がする。

イタリヤ。

いいな。
c0151783_22555807.jpg

[PR]
# by ibashika201107 | 2016-07-10 22:31 | Trackback | Comments(2)


岩田守弘のオフィシャルブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
1970年10月6日生まれ。
天秤座☆
血液型O型
神奈川県横浜市出身。
妻、娘二人の4人家族+猫
趣味は合気道。


■おことわり■
当ブログへのコメント、トラックバックは、記事の内容に関するもの、及び岩田守弘に関するものに限らせていただきます。また事務局にて、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかの確認を致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
画像、コンテンツなどの無断使用および転載を堅く禁じます。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧